秦野版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

野外劇『実朝出帆』の主演・源実朝役を演じる 清水 優譲(まさのり)さん 秦野市出身 25歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

人生を体感する瞬間に魅せられ

 ○…野外劇は初の経験。時に予想外の事態に見舞われることもあるが、その臨場感が「新鮮」と笑う。主役を務めるにあたり「自分なりの実朝をつくりたい」と意気込む。

 ○…南が丘小、南が丘中、厚木東高出身。朗読が好きなこともあって「声を使う職業に」と声優を志して専門学校へ進学したが、授業で経験した演劇にはまり舞台俳優としての道を進み始めた。新国立劇場演劇研修所の第9期生として様々なキャリアを積み、2017年から懸樋(かけひ)プロダクションに所属。研修所卒業後は新国立劇場「ヘンリー四世」に出演し、大役を熱演したことで好評を博した。「『ヘンリー四世』では初めから多くのことを求められ、学生時代との違いを感じました」と振り返る。しかし、それがかえって俳優としての自立と決心を促した。

 ○…休みの日は、読書をしたりジムに行き身体づくりをしたりと「普通ですね」と照れ笑い。しかし、読書では音読をすることも多く「声に出すことで『こんな素敵な言葉が書いてあったのか』と気づくこともあります」と話す。最近では演劇以外にも海外ドラマの吹き替えなど声優としての仕事もこなしている。好きな食べ物は「リンゴです」と即答。昔から友達から”リンゴ男”と言われるほどのリンゴ好きで、常備しているほどだとか。

 ○…今回はカンパニーの年代が近く「気兼ねなく話せます」と話す。皆で話し合い、演出とすり合わせながらひとつの物語を育て上げてきた。「実朝の生き方を貫き通す所は自分にも通じるところがある。現代的な価値観を持つ実朝の成長段階が見え、その”変化”の瞬間を楽しんで欲しい」。そうした変化の瞬間を体感できるのも「役者の醍醐味」だ。今回の野外劇は俳優となって秦野で初の公演。「僕自身、地元ということでよりエネルギーが増す気がしています。多くの人にぜひ見てほしい」。凱旋公演はいよいよ明日に迫る。

秦野版の人物風土記最新6

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

田中 太賀志(たかし)さん

現代美術家で公開中映画『ロボット修理人のAi(愛)』の美術監督を務めた

田中 太賀志(たかし)さん

鶴巻在住 62歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook