秦野版 掲載号:2018年12月21日号
  • LINE
  • hatena

KCRJAPAN 33年製米国車 甦る 俳優・夏木陽介さんの元愛車

経済

KCR JAPANの工場内でPackard 8 Sedanのエンジンを覗く和田さん
KCR JAPANの工場内でPackard 8 Sedanのエンジンを覗く和田さん

​ 俳優の故・夏木陽介さんが1988年に米国から購入して以来、ほぼ動かされることなく保管・展示されていた1933年製の米国車「パッカードエイト」に12月、”命”が吹き込まれた。手がけたのは秦野市堀西のKCR JAPAN、和田康(こう)さん(50)だ。

 馬車のようなフォルムに鳥のエンブレム、観音開きのドア。モノクロ映画で、後部座席に貴婦人を乗せて優雅に走っていそうな高級車が、パッカードエイトだ。

 クラシックカーは、コンピュータで制御される現代の自動車と大きく異なる。例えば今回のパッカードエイトはブレーキが自転車のようにワイヤー式で、エンジンも「フラットヘッドサイドバルブ」の直列8気筒(5200cc)と今では見られないもの。古い自動車を修理できる技術者は年々減っているという。

 KCR JAPANは、米国カリフォルニア州でクラシックカーの修理やレストア(新車に近い状態まで復元させること)を請け負っていた和田さんと、その顧客だった山根圭介さん(62・ジェネラルマネージャー)が、和田さんの故郷・秦野で今年6月に始めた。これまでも走行困難なクルマの修理を請け負ってきた和田さん。「車のお医者さんっていうより、”死んでしまった車を生き返らせる”フランケンシュタイン博士」と笑顔で自分の仕事を称する。

28年眠っていた車を走らせる

 「走れる状態にしてほしい」。現在のオーナーから同社へ依頼が来たのは今年10月だった。夏木さんのプライベートコレクションとして輸入され、その後、博物館などに置かれていた。28年間動かしていないエンジンを動かすのは至難の業で、労力がかかる。「腕があっても引き受ける技術者は少ない。康ちゃんくらいだ」と山根さんはいう。

 「古い車だからこそ、新鮮でおもしろい」と和田さん。10月25日、群馬県からトラックで運ばれてきたパッカードエイトを眺めながら、不安と共に、未知への好奇心に駆り立てられていた。

入手できない部品や道具は手作り

 状況を確認すると、長年動かしていなかったためエンジンは固着して回らなかった。無理に動かせば壊れてしまう。当時の部品や道具は手に入らないため、ボルトを回すためのレンチなどを自作し、慎重に点検と整備を繰り返していった。

 修理を始めて1カ月後、オーナーが同社を訪れ、「正直不安もあったけど、腹をくくったよ」と和田さん。エンジンは煙を出しながら少しずつ回り始め、「いい音してるね」とオーナーも喜んでくれた。

 その後も燃料タンクの洗浄や車体の点検などが続けられ、12月にいざ試運転へ。仮ナンバーを付け、同社の前から水無川、県立秦野戸川公園周辺を通り、国道246号線を走行した。「操作は丁寧にやらないといけないけど、しっかり走ってくれた」と和田さん。後日、川崎市内まで約50Kmのテスト走行もクリアした。「廃車にされず残っていて良かった。当時の物づくりの質の良さにも改めて感動した」という。

 今後は米国での販売も視野に同社で委託販売される。山根さんは「ここにあるうちは、興味のある方や子どもたちにも気軽に見てもらえたらと思います」と話している。
 

仲の良い山根さん(左)と和田さん
仲の良い山根さん(左)と和田さん

秦野版のトップニュース最新6件

いちごの和紅茶 開発

高梨茶園

いちごの和紅茶 開発

5月1日号

お手まきの木 順調に生育

秦野市

お手まきの木 順調に生育

5月1日号

くずは峡谷に美術館誕生

秦野に新名所

くずは峡谷に美術館誕生

4月26日号

伝統の『峠漬』復活へ

峠屋―1976―

伝統の『峠漬』復活へ

4月26日号

4月26日に県西初出店

MEGAドンキ

4月26日に県西初出店

4月19日号

多世代交流の拠点 開所

鶴巻地区

多世代交流の拠点 開所

4月19日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク