秦野版 掲載号:2019年3月1日号
  • LINE
  • hatena

秦野市 ボルダリング施設整備へ 五輪事前キャンプを誘致

スポーツ

戸川公園の「リードウォール」。市が新たに整備する「ボルダリングウォール」は屋内型の計画
戸川公園の「リードウォール」。市が新たに整備する「ボルダリングウォール」は屋内型の計画

 秦野市は来年度、県立戸川公園内にボルダリング施設を整備する計画を明らかにした。東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に秦野市を「都心に近い山岳スポーツの聖地」とすることを目指す。

 ボルダリングは東京五輪から新たに採用された「スポーツクライミング」の種目のひとつ。「リード」と「スピード」を加えた3種目の複合競技になっている。

 県立秦野戸川公園には、県の施設としてリードウォールが整備されており、愛好家に利用されてきた。県はこの施設を改修するとともにスピードウォールを整備する計画で、市が新たに整備する屋内型のボルダリング施設と合わせ、3種類の競技全てに対応できるようになる。ボルダリングの施設整備には国の「地方創生拠点整備交付金」を活用する予定という。今年夏ごろから工事が始まり、2019年度中の完成を目指すとしている。

 秦野市では県と連携を図りながら、この場所をスポーツクライミングの拠点として整備することで、オリンピックの事前キャンプの誘致を図るとともに、これを契機に相手国との交流を促進し、「ホストタウン」としたいとしている。

都心に近い山岳スポーツの聖地に

 秦野市は、新東名高速道路の開通に伴い、(仮称)秦野インターチェンジや秦野サービスエリア内にスマートインターチェンジが整備されることなどにより、都心や遠方からのアクセスが大きく向上する。

 オリンピック・パラリンピック後は、競技大会の誘致や開催、山岳スポーツ選手・指導者の育成、学校における山岳スポーツの普及促進、民間イベントの支援を行う。県山岳連盟や学校関係、民間企業などと連携し、山岳スポーツの普及促進を図りたいとしている。

 さらに表丹沢全体を観光資源と捉え、登山やハイキング、沢登りなどを含めた「山岳スポーツ」全体の普及を図り、秦野を「都心に近い山岳スポーツの聖地」とすることを目指すという。

秦野版のトップニュース最新6件

小田急社員招き鉄道教室

西中学校

小田急社員招き鉄道教室

3月22日号

東中新聞 全国で優秀賞に

木質感ある駅空間に

渋沢駅コンコース

木質感ある駅空間に

3月15日号

比国の村に水道施設寄付

秦野中ロータリークラブ

比国の村に水道施設寄付

3月15日号

候補地に旧水道局庁舎跡地

現職に新人2氏が挑戦

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

三浦乾也の作品展示

秦野で活躍した陶芸家

三浦乾也の作品展示

27日から本町公民館で

3月27日~4月9日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク