秦野版 掲載号:2019年3月15日号
  • LINE
  • hatena

渋沢駅コンコース 木質感ある駅空間に 完成式典でリニューアル祝う

社会

コンコースで挨拶する高橋市長
コンコースで挨拶する高橋市長

 丹沢の玄関口である渋沢駅のリニューアル完成記念式典が3月5日に行われた。壁面には、秦野産材や木製シートの壁紙が使用され、全体的に木質感のあるコンコースに生まれ変わっている。

 渋沢駅のリニューアル工事は、秦野市と小田急電鉄株式会社が締結した「小田急小田原線沿線まちづくりの推進に関する協定」に基づく連携事業の一環として行われたもの。同社では2018年10月から渋沢駅改札上部に秦野産材を使用した木板を設置したほか、外壁には芳香作用のある木製シートを張る改修を実施。これと時期をあわせ、秦野市もコンコース内にある駅連絡所の外壁改修を行い、同じく木製シートの壁紙で統一感を図った。

 また、駅連絡所の壁面には、今年2月に農林中央金庫及び県森林組合連合会、秦野市森林組合から寄贈された秦野産材を使用した木製ベンチ2台、木製掲示板、山並みレリーフを設置。利用者や登山客の利便性を図っている。

 3月5日の式典には、高橋昌和秦野市長をはじめ、工事関係者ら、来賓が多数出席した。

 はじめに高橋市長が「潤いのある駅空間にし、秦野産材をPRしようとリニューアルを進めてきた」とこれまでの経緯を説明し、生まれ変わった駅の完成を喜んだ。

 続いて、小田急電鉄株式会社常務取締役執行役員交通サービス事業本部長の五十嵐秀氏が登壇。渋沢駅は登山客も含め1日平均約2万8000人の利用がある駅であり、「丹沢の玄関口として思いのこもったリニューアルになった。木材をふんだんに使用し『リフレッシュ』と言ってもいい仕上がり。今後も様々な連携を秦野市と図っていきたい」と話した。

 また、今回CSR活動の一環として寄贈を行った農林中央金庫関東業務部部長の竹渕晶代氏は「秦野産材を使ったベンチなどを利用頂くことで、こんなに温かみのある木が秦野にあるんだということを知っていただければ」とあいさつ。寄贈品の説明も行われた。

秦野産材製品を説明
秦野産材製品を説明

山口京呉服店

きもの・帯・染  TEL0463・81・0220 秦野市曽屋1-2-17

はだの南レディスクリニック

土・日オープンの予約制のレディスクリニックです

http://www.hirai-ladies.jp/index.html

だるま商事(有)

地域密着、土地・建物・仲介売買

https://darumashouji.co.jp/

有限会社 夢工房

出版・自費出版・企画・デザイン・編集・印刷を通じて、あなたの夢を実現

http://yumekoubou-t.com/

株式会社関野建設

信頼と誠実をモットーに地域に愛されて100年以上。

http://www.sekino-group.jp/

中栄信用金庫

全てを地域の明日のために

http://www.shinkin.co.jp/chuei/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6件

4月26日に県西初出店

MEGAドンキ

4月26日に県西初出店

4月19日号

多世代交流の拠点 開所

鶴巻地区

多世代交流の拠点 開所

4月19日号

新人加藤氏 トップ当選

神奈川県議選

新人加藤氏 トップ当選

4月12日号

薬師堂を解体・新築へ

東光寺

薬師堂を解体・新築へ

4月12日号

特認校化の検討開始

上小学校

特認校化の検討開始

4月5日号

工業地が2年連続上昇

2019年地価公示

工業地が2年連続上昇

4月5日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金剛力士立像を知る

みのげ文化の会

金剛力士立像を知る

総会で講演

4月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク