秦野版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

高梨茶園 いちごの和紅茶 開発 生産から加工まで秦野で一貫

経済

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 秦野産の茶葉とイチゴを使った「完熟いちごの和紅茶」を高梨茶園(秦野市菩提1387)が開発した。5月下旬に発売予定。加工・販売まで一貫して秦野市内で行うイチゴの和紅茶は市内初だという。

 同製品は、紅茶パックに、茶葉と手作業で砕かれたイチゴが入っており、イチゴの香りと自然な甘味が楽しめるというもの。

 開発したのは高梨茶園の後継者(4代目)、高梨晃さん(31)。2020年度に新東名高速道路のスマートICが秦野市北地区に完成することを視野に「いちご狩りに来る20〜40代の観光客の方が手土産として選びたくなる商品を」と考案した。

 「和紅茶」とは日本生まれの紅茶で、茶葉を蒸す緑茶とは異なり完全発酵させて作られる。「完熟いちごの和紅茶」には、香り・味・冴えた紅色が特徴の「べにふうき」と、ジャスミンのような香りと程よい渋みが特徴的な「香駿」の2つの品種をブレンド。村上いちご園(秦野市戸川)のイチゴ「おいしいベリー」と「よつぼし」の2種を丹沢レインボーファーム(秦野市今泉)でドライ加工している。

 イチゴは輸送で傷みやすいが、市内の農家から仕入れることで、そのリスクも軽減。「秦野で完結することがベスト。市外でしか加工できなかったら輸送代がかかるので、商品化は実現できなかった」と高梨さんはいう。

 贈答品にもなるようパッケージデザインにもこだわった。クリアケースに入った丸い缶を開けると、スライスされたドライいちごと葉っぱ形の砂糖、紅茶のパック2つが入っている。ドライいちごは紅茶の上に浮かべるためのもの。パックに入れるイチゴの大きさや分量は試行錯誤の末、紅茶の渋み、イチゴの甘みや酸味の絶妙なバランスをとって決めたという。

 価格は1個(2袋入り)540円税込。高梨茶園、村上いちご園のほか、はだの名産センター、はだのじばさんず、秦野市観光協会、名水はだの富士見の湯で販売予定。

こだわりのパッケージ
こだわりのパッケージ

秦野版のトップニュース最新6

アウトドアの拠点目指す

秦野戸川公園YAMA CAFE

アウトドアの拠点目指す 社会

2月8日にオープン

1月17日号

「飛」掲げ事業前進誓う

「飛」掲げ事業前進誓う 社会

記者会見で高橋昌和市長

1月17日号

市との間で基本協定締結

秦野市学校給食センター(仮称)

市との間で基本協定締結 教育

ハーベストグループが建設・運営

1月10日号

1,720人が門出迎える

1,720人が門出迎える 社会

13日に「新成人のつどい」

1月10日号

取り組んだ事業 着実に前進

取り組んだ事業 着実に前進 政治

高橋昌和市長に新春インタビュー

1月1日号

法話伝える ねずみの石像

東田原金剛寺

法話伝える ねずみの石像 社会

「昼夜を表し、生死を説く」

1月1日号

10番背負い夢の舞台へ

全国高校サッカー選手権

10番背負い夢の舞台へ スポーツ

日大藤沢、成定真生也君(曽屋在住)

12月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク