秦野版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

秦野市 クライミング大会を初開催 選手の育成・普及の一助に

スポーツ

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
会場の屋外クライミングウォール
会場の屋外クライミングウォール

 ”都心に近い山岳スポーツの聖地”をめざしスポーツクライミングの普及促進を図る秦野市が7月7日(日)、小中学生対象の「スポーツクライミング秦野丹沢カップ」を県立山岳スポーツセンター(秦野市戸川1392)で初開催する。スポーツクライミング競技の新たな大会となるよう、毎年開催する計画だ。

 スポーツクライミング競技とは、垂直にそそり立つ壁に設置された突起物を利用し、素手とクライミングシューズのみで登っていく競技。秦野市は今年度、神奈川県が同センター内に再整備する「スピード」施設とあわせ、隣接する秦野戸川公園内に「ボルダリング」施設を整備することにしており、現在、準備を進めている。この2施設が完成すれば、来年度から既存の「リード」施設とあわせて東京五輪から新たに正式種目とされた「スポーツクライミング」の3競技全てを行うことができる拠点が誕生することになる。

 市では、全国的にも珍しい3施設が揃う秦野市の知名度向上や東京五輪事前キャンプの誘致活動、およびスポーツクライミングの普及・促進を図るきっかけとして、同カップの開催を決定。大会は選手育成の一助となるよう、上級者以外の小・中学生を対象とした。

県内外から57人が出場

 競技は高さ15mの屋外クライミングウォールを利用して行われる。種目はクライマーが自分で安全確保用のロープをかけながら登っていく「リード」と、あらかじめ頂上にロープがかけられている「トップロープ」の2種。県内外から選手57人がエントリーしており、当日はMCによる解説なども交え、競技を観戦することができる(無料)。また、近くに常設されている高さ2mのミニクライミングウォールでは、来場者が自由に体験することができる。

 大会は午前8時50分から午後4時30分まで(雨天中止)。主催は秦野市、秦野市スポーツ協会(【電話】0463・84・3376)が主管。市スポーツ推進課では「将来、オリンピック選手をめざす子どもたちの初めの一歩となる大会になれば」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

小規模特認校スタート

上小学校

小規模特認校スタート 教育

初年度は6人が制度利用

3月27日号

秦野初の真打が誕生

春風亭一左さん

秦野初の真打が誕生 文化

ふるさと大使にも就任

3月27日号

「曽屋水道記念公園」に

旧曽屋配水場

「曽屋水道記念公園」に 文化

130周年機に呼称変更

3月20日号

薬師如来 県重要文化財に

東光寺

薬師如来 県重要文化財に 文化

貴重な「一日造立仏」と判断

3月20日号

公共施設の休止拡大

秦野市

公共施設の休止拡大 社会

管内の患者発生発表受け

3月13日号

子どもたちで休校対策

渋沢

子どもたちで休校対策 社会

地域貢献など自主的に活動

3月13日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク