秦野版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

はだの丹沢クライミングパーク 来春運用に向け工事着手 県と連携強化し聖地目指す

スポーツ

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
戸川公園内に整備が進む「はだの丹沢クライミングパーク」
戸川公園内に整備が進む「はだの丹沢クライミングパーク」

 県立秦野戸川公園の水無川左岸側に計画されている「はだの丹沢クライミングパーク(ボルダリング施設)」の建設が進められている。完成は今年度内を予定。来年4月の運用開始に向け、市議会12月定例会に同施設に関する条例が上程されている。

 はだの丹沢クライミングパークは、県の山岳スポーツセンターと連携し一体的に運用するため、同センターに隣接する「戸川広場」に建設される。市民の健康増進・表丹沢の魅力向上・クライミングの普及を行うとともに、東京オリンピック・パラリンピックを契機に秦野市を「山岳スポーツの聖地」として発展させていく。

 施設は軽量鉄骨造1階建てで、延べ床面積460・44平方メートル。室内には高さ5m×幅20mのボルダリングウォール2枚が設置される。競技用と練習用があり、4〜5課題の設定が可能という。

間口広げる施設に

 運用開始後は市民への還元やクライミング愛好者増を目指し、初心者〜上級者までの各レベルに応じた教室の定期開催を予定。主に初心・初級者の育成に力を入れていくが、指導者の確保が喫緊の課題となっている。開館時間は午前9時〜午後9時。利用料は大人1日1600円・1時間500円で、子ども1日700円・1時間200円。初心者が使いやすいよう、1時間単位の価格を設定した。1日1千円・1時間300円の高校・大学生料金も設定する。

五輪種目3施設集約

 山岳スポーツセンターには、かながわ夢国体に合わせ1997年に完成した既存のリードウォールがある。市の施設建設に合わせ県では盤面改修を行い、同ウォール横に公認規格のスピードウォールを建設する。

 工事はすでに始まっており、こちらも来年3月末までの完成を予定。これにより、オリンピック正式種目となるリード・スピード・ボルダリングの3施設が1カ所に集約される。市スポーツ推進課によると、公認を取得したスピードウォール含む3施設が揃うのは、現在は岩手県、愛媛県、鳥取県、東京都の4カ所のみ。県と市が共同で整備するは全国初となる。

 今後は都心からのアクセスが良いメリットを活かし、大会招致や国際大会開催時の出場選手練習の場、国内強化選手の練習場に使用される施設を目指す。スポーツ推進課では招致文の送付や直の接触などで、世界各国に働きかけを行っている。

 「神奈川県や、県の山岳連盟、民間ジムとの連携をこれまで以上に強化し山岳スポーツ人口底上げを図り、選手や指導者の育成につなげていきたい」と同課では話す。

秦野版のトップニュース最新6

常時車両通行止めに

市道63号線

常時車両通行止めに 社会

1月末から 歩道を整備

1月24日号

英語ぎらいをつくらない

上小英語支援事業

英語ぎらいをつくらない 教育

パサデナ友好協会が協力

1月24日号

アウトドアの拠点目指す

秦野戸川公園YAMA CAFE

アウトドアの拠点目指す 社会

2月8日にオープン

1月17日号

「飛」掲げ事業前進誓う

「飛」掲げ事業前進誓う 社会

記者会見で高橋昌和市長

1月17日号

市との間で基本協定締結

秦野市学校給食センター(仮称)

市との間で基本協定締結 教育

ハーベストグループが建設・運営

1月10日号

1,720人が門出迎える

1,720人が門出迎える 社会

13日に「新成人のつどい」

1月10日号

法話伝える ねずみの石像

東田原金剛寺

法話伝える ねずみの石像 社会

「昼夜を表し、生死を説く」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丹沢美術館で作品展

丹沢美術館で作品展

2月4日から

2月4日~2月9日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク