秦野版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

第12回県人会フェア実行委員長に就任した 福永 嘉弘さん 今泉在住 72歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

柔和な笑顔とみなぎる意欲

 ○…初めての実行委員長を務めるにあたって、例年以上に準備期間を費やしてきた。「もっと来場者を増やしたい。フェアをきっかけに、県人会というものを知ってもらって興味を持ってもらいたい」と、間近に迫るイベントに向け、並々ならぬ意欲を見せる。

 ○…鹿児島県出身。高校を卒業後、平塚にある横浜ゴムに就職。「『横浜』っていうから横浜市にあるのかと思ってたんだんだけどね…」と笑うものの、定年まで同社で勤め上げた。職場で知り合った夫人と結婚し、実家のあった秦野に居を構えたという。知り合いの紹介で鹿児島県人会に入り、現在同会の会長を務める。鹿児島県人会は春の花見やバス旅行、バーベキューなど行事が盛りだくさん。鹿児島名物焼酎で一杯やりながら同郷と鹿児島弁での話に花が咲く。

 ○…リタイア後も同社OB会の役員を務めたりボランティアに参加するなど、充実の毎日。そんな中最近目覚めたのがオートバイ。125ccの愛車にまたがり、颯爽と風を切って走る。「いつか、バイクで日本一周ツーリングなんか出来たらいいな」と、ひそかな野望を打ち明けてくれた。その一方「役職や趣味など、好きなことができるのも妻の理解と協力のおかげ」と感謝の気持ちを忘れない。

 ○…昨年まで同実行委員長を務めてきた秦野市県人会連合会長の森田明見さんと二人三脚で、フェアの構想を練ってきた。郷土芸能の発表に関しては民謡・民舞にこだわらず、子どもや若い方でも楽しめるものにしたと力を込める。また物産展も極力珍しいものを用意するよう努めたという。「全国を旅したような、楽しい催しにしたい。是非ご来場ください」と柔和な笑顔で意欲を見せた。

秦野版の人物風土記最新6

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook