秦野版 掲載号:2020年7月3日号 エリアトップへ

クアーズテック秦野カルチャーホール 小ホールを無料提供 7月中 無観客を条件に

文化

掲載号:2020年7月3日号

  • LINE
  • hatena
小ホールの舞台
小ホールの舞台

 秦野市は、文化芸術関係者に無観客を条件にクアーズテック秦野カルチャーホール(文化会館)小ホールを活動の場として無料で提供する「はだのアート復活プロジェクト」を行う。このプロジェクトで小ホールを利用し撮影した動画は市公式YouTubeに掲載される。利用期間は7月中。

 昨今、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、活動の場を失っている文化芸術分野。クアーズテック秦野カルチャーホールも緊急事態宣言等を受け休館していた。休館期間にあたる今年3〜5月の大小ホールの利用キャンセル・延期の件数は延べ100件以上にも上る。

 そこで活動の場を失った文化芸術関係者への活動の場の提供と、同館小ホールの有効活用のため、市は今回のプロジェクトを企画。同プロジェクトの期間は7月1日(水)から31日(金)まで(既に予約が入っている日や休館日等、対象外の日もある)。

 対象は吹奏楽やバンド、演劇、カラオケなど秦野市内に住所、勤務地又は活動拠点を有する個人又は団体(プロ・アマは不問)。使用料は無料。利用時間は午前9時から11時半までか、午後1時半から4時までのどちらか。電話予約のうえ、使用希望日の1週間前までに同館と事前打ち合わせをし、本予約となる(先着順)。また、期間中の利用は、1人(1団体)につき1回のみ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客での利用とし、楽屋の利用はできない。

YouTubeに公開も

 発表の場を提供することを目的に、同プロジェクトでの利用で撮影された動画は、市公式YouTube「はだのモーピク」にアップされる。小ホールが動画のワンシーンに含まれていれば可(勧誘・営利目的は不可)。動画は3〜15分程度で、撮影・編集は利用者自身が行う。会場利用後1カ月後を目安に、DVD-R等で動画及びサムネイル画像を文化振興課に提出し、データが市に届いてから1〜2カ月後程度でアップされる。

 同館は「ホール職員一同、アート復活をお手伝いさせていただきます。このプロジェクトでどのような作品が発表されるか、大変楽しみです」と話している。また、現在小ホールロビーには七夕飾りも展示されており、同館の利用も少しずつ日常の姿に戻りつつある。七夕の展示は8日まで。

 詳細・問い合わせは市文化振興課【電話】0463・86・6309、小ホールの事前予約については同館【電話】0463・81・1211へ。

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook