秦野版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

秦野にロープウェイ!? 市がベンチャー企業と協定

経済

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ須知社長(右)
協定を結んだ須知社長(右)

 秦野市が6月29日、次世代交通システムを活用したまちづくりを模索するため、「Zip Infrastructure(ジップ インフラストラクチャ―)株式会社」(本社・東京都荒川区/須知高匡代表取締役社長)と連携協定を結んだ。

 ジップインフラストラクチャーは、ロープ走行技術を研究していた須知社長が学生時代に立ち上げたベンチャー企業。学生ビジネスプランコンテスト等での受賞歴を持ち、若手だけでなく大手を引退したエンジニアも社員として在籍する。

 同社は2025年開催予定の大阪万博での電動自走型ロープウェイ「Zippar(ジッパー)」の実用化を目指しており、小田原市久野で1人乗りのプロトタイプの運行実験を行っている。ロープウェイシステムと自走式ロープウェイ装置で特許を取得し、2023年には駆動部の安全認証を取得予定だという。

 秦野市はジッパーの開発に協力し、まちづくりへの活用を検討する。

秦野発の技術目指す

 協定のきっかけは小田原で行われた運行実験。新聞記事を見て知った市が同社にコンタクトを取り、須知社長が秦野市を訪れた。表丹沢の魅力づくりで課題になっている観光客の移動手段確保を模索する市では、10%の勾配でも建設でき、風速30m/sまで運行可能、カーブや分岐を設定できる設計の自由度や、用地取得が少なく済むため建設のコストや期間を削減できる同社の技術に可能性を見出した。

 市は今後、市内で場所を確保し、4人乗りの運行試験を行うなど交通システム構築に協力する。「秦野発の新たな交通システムの構築で、部品製造など市内工業活性化の可能性もある。ALL秦野で開発・活用をバックアップしていきたい。いずれは本社を秦野に移していただければ」と高橋昌和市長。須知社長も「ベンチャー企業にとって、とても意義がある。自治体連携のいいモデルケースになるよう頑張りたい」と意欲を見せた。

イメージ模型
イメージ模型

秦野版のトップニュース最新6

五輪ボランティアに参加

東田原の村田厚子さん

五輪ボランティアに参加 スポーツ

卓球などで選手らと交流

9月24日号

お試し住宅で移住促進

秦野市

お試し住宅で移住促進 社会

市外在住者対象に受付を開始

9月24日号

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook