秦野版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

鶴巻の山田姉妹 版画作品で優秀な成績 鉄印コンと年賀コン

社会

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手に笑顔の姉・夏実さん(左)と妹・千晴さん
賞状を手に笑顔の姉・夏実さん(左)と妹・千晴さん

 鶴巻在住の山田姉妹が版画作品で優秀な成績を収めている。姉の夏実さん(鶴巻中1・応募時小6)が「こども鉄印コンテスト」の小学校高学年部門で大賞、妹の千晴さん(鶴巻小2・応募時小1)が「第19回全日本年賀状大賞コンクール」版画部門小学校1〜3年生の部で文部科学大臣賞を受賞した。

 全国の第3セクター鉄道8社が参加し、各社が作品を募った「こども鉄印コンテスト」に応募した夏実さん。鉄印とは御朱印の鉄道版で、鉄道会社名や駅名などが記され「鉄印帳」に集めることができるもの。

 「鉄印は印で押すから、作品も版画にしてポンと押せるようにしました」と入賞作品の中でも珍しい版画の作品で応募。一目で電車と分かるように真ん中に大きくわたらせ渓谷鉄道(群馬県・栃木県)を彫り、記念メダルのようなイメージで周りに葉っぱをあしらった。「彫り方が同じにならないように変化をつけることに気を付けました」と夏実さん。

 力強いタッチが評価され「わたらせ渓谷鉄道」の高学年の部で最優秀賞に選ばれ、さらに各社の最優秀賞の中から選ばれるグランプリとなる大賞にも見事選ばれた。

「お姉ちゃんと一緒に」

 「なっちゃん(夏実さん)も出してて、自分も出したいと思って」と応募したのは、妹の千晴さん。年賀状大賞コンクールは、全ての世代の人々に、年賀状作成を通じて「手紙の良さ」に気付いてもらい、楽しく個性豊かな年賀状づくりを勧奨することを目的として開催されている。

 千晴さんは元々消しゴムハンコを楽しんでいた経験を生かして、ゴム版画で挑戦。年賀状で鏡餅をイメージし「お餅にみかんがのっているから、トラにものせたらかわいいかなと思って」とトラの頭にはみかんが。「数字は曲がっているところがいっぱいあって難しかった」と彫り方に苦戦しながらも、迫力ある作品を仕上げた。講評では「明るく楽しく元気な雰囲気が感じられる作品」などと評され、小学校1〜3年生の部で文部科学大臣賞に輝いた。

 「大きな賞をもらえてうれしい」と笑顔を浮かべる山田姉妹。2人はこれまでにも数々の絵画コンクールで入賞経験がある。今後の目標は「自分よりでっかいサイズの絵を描きたい」という夏実さんに、妹の千晴さんも「ちいちゃんも」と声をそろえた。

夏実さんの作品
夏実さんの作品
千晴さんの作品
千晴さんの作品

秦野版のトップニュース最新6

3年ぶりステージ発表

学生団体E4

3年ぶりステージ発表 社会

高校文化部による「インハイ」

6月24日号

女性も働きやすい工場に

西山製作所

女性も働きやすい工場に 経済

地元事業者と新たな試み

6月24日号

殺処分ゼロも保護猫増加

動物愛護センター

殺処分ゼロも保護猫増加 社会

オンライン化等で譲渡促進

6月17日号

デジタル化へ前進

秦野市自治会

デジタル化へ前進 社会

「いちのいち」登録86カ所に

6月17日号

待機児童6年ぶりゼロに

市内保育所

待機児童6年ぶりゼロに 教育

保留児童は61人

6月10日号

新たな見どころ創造

弘法山公園

新たな見どころ創造 コミュニティ社会

ミツマタを40本植樹

6月10日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook