神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

セブン-イレブン 移動販売車で買い物支援 市内の高齢者施設などへ

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
出走式で決意表明を行った高橋オーナー(中央右)
出走式で決意表明を行った高橋オーナー(中央右)

 秦野市内の買い物難民を支援するため、セブン-イレブン秦野尾尻店(高橋大助オーナー)が4月10日から移動販売車「セブンあんしんお届け便」の運用を開始。10日には、同店の駐車場に関係者などが集まり、出走式が行われた。

 秦野市と株式会社セブン─イレブン・ジャパンは2021年、地域活性化に向けた包括連携協定を結んでいる。両者がより密接な連携と協力を図ることで、安全で安心な暮らしの実現や地域経済の活性化などを目指すもの。今回は買い物に困っている市民を支援するために実施することとなった。

 移動販売車「セブンあんしんお届け便」とは、買い物が不便な地域に住む人や、出かけることが難しい高齢者などのための独自のサービス。常温、20℃、5℃、マイナス20℃の4温度帯の商品管理が可能な車両に、約350種類の商品を積み込んで販売が行われる。

オーナーの念願叶い

 同サービスが開始された当初から新聞やテレビで知っており、「秦野市にもほしい」と考えていたという高橋オーナー。これまで市内で行われるイベントにテントで出店するとともに、実際に自身の車で商品を運び、老人ホームでも販売を行っていた。その実績が認められ、今回の運用開始に至ったという。

 「セブンあんしんお届け便」による移動販売は現在、高橋オーナーが独自で配達を行っていたサンシティ神奈川やRe HOPE秦野、プライムガーデン秦野、神奈川病院の4カ所。今後は販売エリアを拡大していき、秦野市内全域を対象としていく予定だ。

 高橋オーナーは「移動販売車をきっかけに、セブン-イレブンや秦野市民との寄り添い方を皆さんで考えながらこの車を活用していきたい」と決意表明した。出走式に参加した高橋昌和市長は「高齢社会が本格化する中で必要不可欠なサービスだと思う」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

秦野の産業一堂に

商工まつり

秦野の産業一堂に

5月25・26日 文化会館で

5月24日

7大陸最高峰登頂へ出発

登山家西川史晃さん

7大陸最高峰登頂へ出発

遠征前に秦野市内で野営

5月24日

ICT技術を本格導入

秦野市消防

ICT技術を本格導入

救急活動の効率化図る

5月17日

記念事業計画まとまる

秦野市市制70周年

記念事業計画まとまる

プレイベントは今年から

5月17日

キッチンカー年間出店

弘法山公園

キッチンカー年間出店

飲食需要に応え実証実験

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook