神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

3月19日付で秦野警察署長に就任した 古山 秀和さん 秦野市在住 56歳

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

「職場は明るく、前向きに」

 ○…就任にあたり、署員に伝えたことは「職場は明るく、仕事は前向きに」という言葉。明るい雰囲気の職場は「コミュニケーションもしっかり取れ、協力して物事を乗り切れる」。また仕事に前向きであれば、「納得のできる結果を出せる」という。今回初めて署長職に就任し「責任の重さを実感している」と話すが、市民からの期待に応えるべく邁進する。

 ○…横須賀市出身。「人の役に立っていると思える仕事に就きたい」と高校卒業後に警察の道へ。磯子警察署での交番勤務から始まり、前職は神奈川県警の自動車警ら隊隊長を務めていた。これまでの警察人生の中で印象に残っているのは、阪神・淡路大震災での救護救援活動。災害現場を目の当たりにしたことは大きな経験であり「こういう時こそ、総力を挙げて仕事をするのが警察だと感じた」という。

 ○…趣味はスポーツ観戦。横浜勤務も多かったため、サッカーはマリノス、野球はベイスターズの試合を見に行っていたそう。好きな食べ物は肉。生ものは少し苦手なのだとか。年下、特に若手に好かれることも多いようで、自然体で気取らない雰囲気が印象的だ。

 ○…これまで県西部には馴染みがなく、秦野の印象を「富士山の眺望や丹沢の山並み、趣のある水無川沿いなど、とにかく景色がいい」と話す。しかし山がこれほど近いことは就任後初めて知ったそうで、秦野署の山岳遭難救助隊について「多い時は下山後にすぐにまた救助へ行き、夜まで活動をしている」。その力強さに尊敬の念を抱いたという。「皆から『秦野は良いところでしょう?』と聞かれる。それほど市民が誇りに思っている街だということです」とニコリ。「市民が安全に暮らせるよう努めたい」と力強く語った。

秦野版の人物風土記最新6

中志(なかし) 陽一さん

令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受けた

中志(なかし) 陽一さん

北矢名在住 71歳

7月19日

望月 こなみさん

「インハイ」を主催する学生団体E4の第6期代表を務める

望月 こなみさん

今泉台在住 17歳

7月12日

宇佐美 一生(かずお)さん

6月12日付で秦野市交通安全協会の会長に就任した

宇佐美 一生(かずお)さん

曽屋在住 75歳

7月5日

長村 公一さん

5月29日付で公益社団法人秦野市シルバー人材センターの理事長に就任した

長村 公一さん

戸川在住 73歳

6月28日

杉本 榮次さん

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した

杉本 榮次さん

北矢名在住 79歳

6月14日

柏木 真一さん

5月14日付で秦野市商店会連合会の会長に就任した

柏木 真一さん

桜町在住 64歳

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook