神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した 杉本 榮次さん 北矢名在住 79歳

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
杉本 榮次さん

秦野でつながる”稲”の実り

 ○…市内在住・在勤など、秦野に縁のある早稲田大学の卒業生約70人の会員が集う稲門会(とうもんかい)。各同好会や新年会・花見の会などで親睦を深め、他地域の会とも行事を通じ交流する。来年20周年を迎えるが、神奈川県下14の稲門会の中で最も若い組織だ。「20周年式典の準備とともに、ホームページの再構築など会を活性化させる取り組みに力を入れたい」と意気込む。

 ○…大阪府出身。小・中・高、予備校まで大阪で過ごし、1968年に早稲田大学第一理工学部(当時)に入学。女優・吉永小百合さんと在学期間が重なり、当時校内で見かけたこともあるという。「テレビで活躍する彼女を見るたび、学生時代を思い出していますよ」と懐かしむ。卒業後、72年に現・アンリツ株式会社に入社し厚木市の寮へ。結婚を機に秦野に越してきた。

 ○…「仕事人間だったから、家のことを任せっきりだった妻には頭が上がらない」と振り返る。会社に命じられ、ロンドン大学で大学院生および研究助手として派遣を経験。秦野稲門会設立時の2005年には、同社の製造子会社での勤務で福島にいたという。それでも、「秦野の自宅に戻ってからはぜひ活動したい」と設立当初からのメンバーになった。転勤を経験しながらも、母校と秦野への愛情は人一倍だ。

 ○…稲門会に入り、様々な経歴を持つ人と秦野の地で知り合えたことが何よりの財産だという。「前会長をはじめ、バイタリティのある方ばかり。いつも勉強させてもらっています」と微笑む。「敷居の高い団体じゃないので、気軽に入れるような仕組みづくりとPRをしていけたら」。母校と秦野という2つの縁でつながった仲間たちとともにこれからも地域を盛りげていく。

秦野版の人物風土記最新6

望月 こなみさん

「インハイ」を主催する学生団体E4の第6期代表を務める

望月 こなみさん

今泉台在住 17歳

7月12日

宇佐美 一生(かずお)さん

6月12日付で秦野市交通安全協会の会長に就任した

宇佐美 一生(かずお)さん

曽屋在住 75歳

7月5日

長村 公一さん

5月29日付で公益社団法人秦野市シルバー人材センターの理事長に就任した

長村 公一さん

戸川在住 73歳

6月28日

杉本 榮次さん

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した

杉本 榮次さん

北矢名在住 79歳

6月14日

柏木 真一さん

5月14日付で秦野市商店会連合会の会長に就任した

柏木 真一さん

桜町在住 64歳

5月31日

池田 幸枝さん

保健師として第59回神奈川県看護賞を受賞した

池田 幸枝さん

渋沢在住 59歳

5月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook