金沢区版 掲載号:2011年7月28日号

パパスクールで学ぶ育児 教育

ネットワーク作りにも一役

スクールをきっかけに、パパ友ができることも
スクールをきっかけに、パパ友ができることも

 「イクメン」(育男)という言葉に象徴されるように、今や男性が育児参加することは珍しいことではない。そこで、よこはま・かなざわパパクラブ(吉井健司代表)は、全5回の講座「パパスクール」を初めて企画した。6月26日から隔週の日曜日に開催している。

 子ども用のイスに体を小さくして座り、講師の話に聞き入る20〜40代のパパたち10人。6月にきらら保育園(能見台東)で開講した「パパスクール」で、子育てについて様々なことを学んでいる。家族ぐるみでの参加が多く、約半数がママの申し込みをきっかけに通っているという。

 「仕事と育児を楽しむ方法」と題した7月24日の回は、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、東浩司さんが講師として登場。ワークライフバランスについての講演と意見交換を行った。3回目とあって、パパたちは互いに打ち解けた様子で談笑。「意識を家庭の中心に置こうと思う」「他のパパ・ママたちと話が出来たのがよかった」などの感想が聞かれた。

 同スクールを企画したのは、よこはま・かなざわパパクラブの代表、吉井さん。学びだけでなく、パパ同士のネットワーク作りが裏テーマだという。

 2児の父親である吉井さんが、育児に目覚めたのは、約3年前に金沢区地域子育て支援拠点「とことこ」のスタッフになってから。沢山のママと知り合い話を聞くことで、育児の大変さに気づかされた。「だったら手伝わなきゃと自然に意識が変わった」と話す。横浜市主催のイクメンスクールなどに参加するうちに、「地元なら何かやろうという時に集まりやすい」と生活圏でのパパネットワークの重要性を感じるようになった。継続的なスクール開催は、予算などの課題があり難しいが、「気張りすぎずに、ここから広げていきたい」と話している。
 

金沢区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

五月人形 期間限定で展示

根岸なつかし公園

五月人形 期間限定で展示

大正から昭和の兜など

4月15日~5月7日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 瀬戸神社と琵琶島神社

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第2回

    瀬戸神社と琵琶島神社

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    4月20日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月27日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/