町田版 掲載号:2017年3月16日号

町田東ロータリークラブ

上履き回収箱を寄贈 教育

大蔵小で寄贈セレモニー

町田東ロータリークラブが寄贈した「使用済み上履きの回収ボックス」を代表児童が受け取った
町田東ロータリークラブが寄贈した「使用済み上履きの回収ボックス」を代表児童が受け取った
 フィリピンの子どもたちに使用済みの上履きを回収して贈るプロジェクトを始めた東京町田ロータリークラブ(小山優会長)。今年は新たに「使用済み上履き回収箱」を作った。それを寄贈し、児童の代表が受け取るセレモニーが、3月6日に大蔵小学校(石井正広校長)の校庭で全児童を前に行われた。

 同ロータリークラブは昨年度からフィリピンのダウンタウンロータリークラブと提携し、「発展途上国の子どもたちのために何か奉仕をしたい」と使用済みの上履きをプレゼントすることを企画。上履きは卒業したり、サイズが合わなくなって買い替えることが多い。「もったいない」の精神のもと、まだまだ履ける上履きを再利用することを考えた。この企画に対し、真っ先に手をあげたのが大蔵小だった。昨年は卒業生を含めて同校児童から73足が集まり、その他市内各所の小学校の協力を受けて集めた分と合わせ、和文と英文のメッセージを添えてフィリピンに届けた。

 回収箱は木製で今年は5個作り、市内の同小をはじめとする5つの小学校に寄贈した。大蔵小では今年卒業の6年生が白い箱に卒業記念として装飾を施し、来年4月7日まで上履き回収に協力していく。児童たちは不要となった上履きをきれいに洗った上で回収箱に入れる。

 同ロータリーとしては今後市内42の小学校へ回収箱を寄贈したい考えだ。また、条件が整えば将来は子どもたちの手で直接現地の子どもに渡せるような機会を設けたいという思いも口にした。

関連記事powered by weblio


町田版のトップニュース最新6件

「1人で悩まず相談を」

いのちを支える

「1人で悩まず相談を」

9月21日号

異文化を思いっきり体験

金井中2年生

異文化を思いっきり体験

9月21日号

市民ホールで初の興行

町田プロレス祭り

市民ホールで初の興行

9月14日号

イベントで認知症理解

町田市4億円の損失

ふるさと納税

町田市4億円の損失

9月7日号

パラバドミントン開催

町田市立総合体育館

パラバドミントン開催

9月7日号

見学随時受付中

60歳以上のお元気な方から要介護5の方までご入居できます

https://www.carehouse.kashokai.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映画と講演で認知症を理解

映画と講演で認知症を理解

鶴川グローイングアップ映画祭

9月27日~9月27日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク