厚木版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

森の里若宮公園 家族のイルミ今年も輝く 16日に31回目のまつり

社会

美しく輝くイルミネーション。ひょうたん池に映りこんださまはまさに「インスタ映え」する景色
美しく輝くイルミネーション。ひょうたん池に映りこんださまはまさに「インスタ映え」する景色
 厚木の文教地区ともいえる森の里。閑静な住宅街の入り口・若宮公園に今年もイルミネーションが点灯した。全長240メートル、5300球の電球で描かれているのは、サンタが上空から見た街の灯りとあたたかな家族の図。点灯は午後5時〜11時、25日(月)まで。

 このイルミネーションは、森の里地区が開催しているクリスマスまつりの一環。同地区は住民一丸となった地域活動が活発。新緑がまぶしい季節の鯉のぼりまつりの景色は今や厚木の風物詩ともなっている。夏の盆踊りも盛大。クリスマスも見事のひと言。日が暮れ、暗闇の中に浮かび上がるイルミ。初めて見る人は感嘆の声をあげる景色だ。

 今年のイルミネーションの設置は11月19日に森の里クリスマスまつり実行委員会(名和野勉委員長・66歳)が中心となり同地区の住民60人がかりで行われた。窪地になった公園の地形を利用した大掛かりなもので、池の上をまたぐワイヤーは全長240メートル。風が吹くと1トン以上の負荷がかかることも想定されている。安全面を考えても専門知識が必要な作業だが、すべて地域住民らの手で設置している。ワイヤーを吊るすポールを支える櫓の組み方など、専門的な技術支援は「七沢地区の人たちの協力があったおかげ」だという。

地域一丸で

 イルミネーション装飾をはじめたのは15年ほど前から。開催のきっかけは、当時キャンパスがあった青山学院大学のハンドベルサークルからの申し出がきっかけだという。地域交流のため、クリスマスのミサが終わったあとに演奏を披露したいという要望に応え、野外ステージを開放したのがはじまり。時代は移り、今は地域の子ども主体のまつりになっている。

 地元企業の協力も得て、地域全体でまつりを実施している同地区。住民の高齢化や担い手不足で活動が難しくなっている地域も多い中、「”やれるときにやれることを”と、何でも楽しく面白くやってしまう人たちが多い」と名和野委員長は話す。「地元を離れた人たちにもまつりの時期に帰ってきてほしい。地区外からの参加も受け入れ、”森の里はいい地区”だと思ってもらえることも大切にしている」と話すのは同地区自治会連絡協議会の神保忠男会長(72)だ。今年の森の里クリスマスまつりは12月16日(土)。午後2時から。イベント詳細は次号で。

クリスマスまつりの準備作業を終えた地域住民(11月19日)
クリスマスまつりの準備作業を終えた地域住民(11月19日)

厚木版のトップニュース最新6件

説明会に住民ら20人

ヨーカドー跡地

説明会に住民ら20人

12月8日号

「口から食べる」を支援

東名厚木病院

「口から食べる」を支援

12月1日号

半分は分譲マンションに

ヨーカドー跡地

半分は分譲マンションに

12月1日号

新たな産業拠点創出へ

酒井地区

新たな産業拠点創出へ

11月24日号

コンビニスタッフお手柄

市内2校から全国へ

弓道

市内2校から全国へ

11月17日号

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク