愛川・清川版 掲載号:2017年3月10日号

渓流釣りが解禁 社会

中津川など賑わう

中津川のヤマメ
中津川のヤマメ

 本谷川・塩水川・中津川・谷太郎川など相模川水系の渓流釣りが3月1日から解禁になった。この日を待ちわびた釣りファンたちで初日から各河川は賑わい、ヤマメやイワナ、ニジマスとの再会を楽しんでいた。

 今年の相模川水系の渓流釣りシーズンは3月1日から10月14日(土)まで。手軽にアクセスできる釣り場として人気の中津川では、角田大橋から宮ヶ瀬ダム下の魚止めの堰堤まで人気のポイントが多数あり、餌釣りやルアー、フライで楽しむ姿が多く見られる。町田市市から来たという男性も3尾のヤマメを手にしていた。

 この他にも、宮ヶ瀬ダム周辺の谷太郎川や本谷川、塩水川なども源流の雰囲気を満喫できるポイントとして人気だ。

 なお、ヤマメやイワナなどは漁協による放流が行われており、釣りには遊漁料が必要となる。遊漁料は、ヤマメ・イワナ・ニジマスの1日券が1500円(現場売り2500円)。1年券は5000円(年券の購入には顔写真が必要)。
 

中津川の人気ポイント・通称「交番下」はフライ愛好家が多く見られた
中津川の人気ポイント・通称「交番下」はフライ愛好家が多く見られた

関連記事powered by weblio


愛川・清川版のローカルニュース最新6件

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク