愛川・清川版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

秀琴書道会を主宰する平田 秀琴さん(本名・平田明美さん)愛川町中津在住 59歳

ずっと「書」にぞっこん

 ○…時に豪快、時に繊細、空を飛ぶ鳥のように、自由な筆遣いで表現される様々な作品は、書の楽しさと奥深さをまっすぐに伝えてくれる。そんな作風に魅せられて、主宰する書道会には多くの門下生たちが集い、日々技術を研鑽し、新しい発想を練る。毎年恒例の門下生作品展は、まさに一年の集大成。「皆さんどんどん上手くなって、年々レベルアップしています」と目を細める。

 ○…「凝り固まった書き方はあまり好きじゃないんです。異端なのかも知れないけれど、だから自由な文字が書けるのかな」と笑顔。モットーは「書を楽しむ」こと。固定観念を取り払うには、時に大胆な遊びも必要だ。「楽しく書くから上手くなる」とうなずくが、門下生の子どもたちには、靴の脱ぎ方や挨拶など、礼儀作法から教える厳しい一面も。ただ奔放なだけでは作品にならない。全ては基本を身に着けてこそ。

 ○…中津生まれの中津育ち。教員だった両親の勧めで小学校低学年の頃に筆を持った。中学に進学して書への関心はさらに高まり、高校の頃から書道家に師事。十代で「秀琴」の雅号を受け、様々な展示会で入賞や入選を果たすなど、頭角を現した。「書に関しては、同じ事を何時間も、何度やっても、大丈夫。疲れるけど、心地いい」。初めて筆を持ったあの頃から変わらず、今も書に「ぞっこん」だ。昨年は、フランスのモンメラ城で開催された「シャトー・ド・モンメラアートラベル展」に出品。来年はイギリスの「ミネルバ2018」に作品を出品するなど、活躍は海外にも広がる。「いろいろな刺激は、自分の勉強になる。吸収したことを、書に活かす。終わりはありませんね」と、ほほ笑む。

 ○…3人の子どもはそれぞれ独立。書から離れる息抜きは、夫との温泉めぐりと、美味しい食事。「馴染みのちょっとおしゃれな店でゆっくりと…」。リフレッシュした真っ白な心に、また新しい作品が躍る。

愛川・清川版の人物風土記最新6件

沼田 彰さん

中津川仙台下クラブの代表を務める

沼田 彰さん

11月17日号

池田 倫子さん

野鳥ガイドツアーの講師を務める

池田 倫子さん

11月3日号

井上 幾雄さん

愛川町吟詠連盟の会長を務める

井上 幾雄さん

10月20日号

清水 昭人さん

9月4日に厚木警察署長に着任した

清水 昭人さん

9月22日号

榎本 照夫さん

蚕と桑の保存活動を続けている

榎本 照夫さん

8月4日号

和田 久さん

6月27日に宮ヶ瀬ダム周辺振興財団第8代理事長に就任した

和田 久さん

7月7日号

愛川・清川版の関連リンク

あっとほーむデスク

愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

2011年6月以前の旧厚木・愛川・清川版バックナンバーは、「厚木版」のページからご覧ください。

外部リンク