藤沢版 掲載号:2011年7月15日号

7月31日に東日本大震災支援コンサート「音のパレット」を主宰する三味線奏者

松田 千鶴子さん

本町在住 64歳

溶け合う音を感じて

 ○…江戸長唄の細棹三味線とそのルーツであるインドやトルコなどの民族楽器とのコラボレーション「音のパレット」を主宰し、今年で8回目となる。今回は東日本大震災支援コンサートとして、収益の一部を義援金として寄付する。

 ○…東京藝術大学邦楽科の出身。国内の芸術大学で唯一の邦楽科という狭き門に、神奈川県内では現役合格者の第1号だったという。三味線との出会いは、小学3年生。「芸事をやらせたい」という両親の意向で日本舞踊や琴を始めたのが3歳から。「浪曲、ラテン、長唄…両親がレコード屋さんに行っては新しいものを買ってきて、家には年中音があった」という。

 ○…1966(昭和41)年度に芸大に入学してまもなく、民族音楽の大家である故小泉文夫氏と出会い「東洋音楽史」を学んだことが、独創的なコンサートが生まれるきっかけとなる。1ドル360円の固定相場、CDもMDもなかった当時、小泉氏がテープで中東などの音楽を聞かせてくれ、「私もいつかこういう音に出会ってみたい」と思うようになった。

 ○…大学を卒業後、結婚、出産と同時に13年間は姑の介護に従事。舞台に出られない間は、弟子のため歌謡曲を三味線の譜面にアレンジするなど、やりたいことを見つめ直す時間になったという。

 ○…三味線の魅力は「手裏剣を投げるような背筋の伸びる音」。「間の芸」といわれるが、「下手すると『魔』の芸になってしまう」。三味線とインドの「シタール」、トルコの「サズ」、伝統楽器がお互いに門戸を開いて、理解しあうことで生まれる「摩訶不思議な世界」のテーマは「溶け合って解け合う」。「先入観を持たずにこんな音もあるんだと面白がって聞いてほしい」と言葉に力を込める。ベリーダンサーも迎え31日、湘南の夏を華やかに彩る。
 

関連記事powered by weblio


藤沢版の人物風土記最新6件

但野 瑠勇(るい)さん

7月13日から始まる「ビーチバレーボール世界大学選手権大会」に出場する

但野 瑠勇(るい)さん

7月1日号

初風(はつかぜ) 諄(じゅん)さん

宝塚歌劇団OGによるブロードウェイミュージカル『シカゴ』に出演する

初風(はつかぜ) 諄(じゅん)さん

6月24日号

浜田 直明さん

辻堂海岸で毎週金曜日にビーチクリーンを続けている

浜田 直明さん

6月17日号

高橋 章さん

自宅に200種以上のアジサイを育てる愛好家

高橋 章さん

6月10日号

沖廣 諒一さん

学生馬術の全日本大会で個人2連覇を果たし、6月29日から世界大会に初参加する

沖廣 諒一さん

6月3日号

村上 進(しん)さん

(一社)藤沢市建設業協会の会長に就任した

村上 進(しん)さん

5月27日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク