青葉区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

美しが丘地域ケアプラザの所長として 地域わくわくふれあいデー祭を主催する 川崎 淳子さん 緑区在住 43歳

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

「目配り・気配り・心配り」

 ○…「高齢者だけのものと思われがちなケアプラザ。だけど多世代のための開かれた施設であることを知ってほしい」。そんな思いで行われる美しが丘地域ケアプラザの「地域わくわくふれあいデー祭」。同所が開設した約20年前から勤務し、今年4月からは所長として地域を見守る。「色々な人が安心して暮らしていくための施設。地域との連携が一番大事」

 ○…長野県の避暑地でペンション経営をする一家の次女としてのびのびと育ったが、高校1年の冬に青葉区へ。初めての満員電車など、生活のあまりの違いから「本当に厳しかった」と振り返る。転居が理由で心身共に憔悴した経験から「人のもろさ、自分の弱さ」を痛感し、そんな人たちを支えることができる社会福祉学を学びに都内の大学へ。在宅介護のアルバイトを通じて介護の面白さを見出し、社会福祉士として就職した。

 ○…子育てを理由に一度退職し、子どもの成長後に生命保険のセールスをしたこともあったが、「備えるのではなく、実際に直面している人を支える福祉こそが一番やりたかった仕事」と復帰。日々思うのは「支えるのが仕事だけど、いつもいただいている」ということ。在宅介護で疲れ果てた年長者であっても、職員へ感謝の言葉を伝えてくれる――。「人は弱くもあり強くもあるんだなと。皆さん経験や深みがあり、いつも人間として学ばせてもらっています」と力を込める。

 ○…息子3人は中学・高校と育ち盛り。マイブームの卓球やスポ根のアニメ鑑賞はそんな彼らの影響で始めたと笑う。仕事をする上でいつも心掛けているのは「目配り・気配り・心配り」。所長として人手不足に対して環境整備だけはなく「福祉の世界の素晴らしさを伝えていければ」。
 

青葉区版の人物風土記最新6

奥田 彩さん

すすき野南自治会で11月に開催された「希望の灯(ともしび)」を発案した

奥田 彩さん

すすき野在住 39歳

12月3日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月26日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月19日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月12日号

松本 有理江さん

県立あおば支援学校の校歌の作詞・作曲を手掛けた

松本 有理江さん

柿の木台在住 

11月12日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

桐蔭横浜大学在学 21歳

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

放課後の居場所、地域に

区内NPO法人

放課後の居場所、地域に

小中学生対象 区内施設で

11月27日~12月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク