緑区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

セン北駅前 ビーコルセンター誕生 横浜北部有志らが尽力

スポーツ

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
センターを開設した(株)五人侍の皆川代表取締役(左)とメンバー
センターを開設した(株)五人侍の皆川代表取締役(左)とメンバー

 男子プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ(B1所属)」の新拠点「ビーコルセンター」が2月21日にセンター北駅前に誕生し、関係者によるレセプションが開催された。同施設は横浜北部で事業を営む有志で立ち上げた(株)五人侍(皆川幸成代表取締役)が開設。

 ビーコルセンターには、これまで東京にあったチームの本部事務局や初のオフィシャルショップ、チアリーダーズ「B-ROSE」の練習拠点にもなるスタジオのほか、アメリカンダイニング「バーズ グリル&バー」が併設されている。

 チーム初のショップには選手のレプリカユニフォームやTシャツ、キャップ、ロゴ入りタオルのほか、キーホルダーなどの小物も充実している。植田哲也球団代表は「リアル店舗ができたことはチームを発信できる武器になる。限定グッズなどここでしか買えない商品も展開してきたい」と期待を込める。

 オフィシャルショップの営業時間は水・木・金曜日が午後3時〜8時、土日祝日は正午〜午後6時まで(※月・火曜日は定休日)。また、同スタジオは各種団体に貸し出しを行っており、定期教室・講座を募集している。3月からはB-ROSEのチアスクールを開校予定。詳細は【URL】http://bcorcenter.yokohama/で確認。

 21日に行われた「進水式」には市市民局の西山雄二局長や畑澤健一都筑区長、村田輝雄都筑区連合町内会会長、三谷英弘衆議院議員など来賓や関係者100人以上が集まった。

 開会の主催者挨拶で皆川代表取締役は、ビーコルセンター開設に至るまでの苦難の道を参加者に説明。「(駅前の)高架下利活用や地元チームなど、多数のご縁をいただきここまでやってこられた。今度はこのご縁を利用者に届けていく」と話した。また、(株)横浜ビー・コルセアーズの岡本尚博代表取締役はビーコルセンター設置に感謝を述べた上で「残り試合、全力を尽くして、都筑の誇れるチームになりたい」と語った。乾杯後は音楽演奏やB-ROSEのパフォーマンスなどが披露され、会場は熱気に包まれた。
 

キャップやグッズが並ぶオフィシャルショップ
キャップやグッズが並ぶオフィシャルショップ
ビーコルセンターの外観
ビーコルセンターの外観

緑区版のトップニュース最新6

地域の居場所創出へ

活用方法を模索

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

緑区の魅力を再発見

新春区長インタビュー

緑区の魅力を再発見 社会

各事業で50周年をお祝い

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

1,904人が船出

緑区の新成人

1,904人が船出 教育

13日、横アリで式典

1月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク