港北区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

認知症サポーター養成講座 新聞配達員ら48人受講 「社会の役に立てたら」

社会

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
ワークショップで意見交換する新聞販売店の社員ら
ワークショップで意見交換する新聞販売店の社員ら

 認知症サポーター養成講座が10月11日、港北区福祉保健活動拠点で行われ、港北区のほか、都筑区・神奈川区の一部の新聞販売店からなる横浜北部読売会港北支部(乙幡幸雄支部長)の10店舗から48人の社員が受講した。

 認知症サポーターとは、認知症について理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、できる範囲で活動する応援者のこと。「社会の役に立ちたい」(乙幡支部長)との思いを社会福祉法人横浜市港北区社会福祉協議会(社協)に伝えたことから、講座の開催に至った。

 横浜市では2025年には65歳以上の高齢者が97万人、高齢化率は26・1%に達すると見込まれている。また、それに伴い、認知症者の増加も予想されること等から、認知症サポーター養成の取組みが進められている。17年9月末現在の認知症サポーター数は全国で約940万人、横浜市では約23万人に上るという。

 講座の主催は、同社会福祉法人。高齢化が進む横浜市の現状や認知症について、また認知症サポーターに関する説明の後、6グループに分かれた意見交換が行われた。

 社協や地域ケアプラザの職員が各グループに加わり進められた意見交換では、参加者は他者の発言をメモに取りながら、積極的に発言する姿が見られた。

 「認知症とみられる人を送っていったことがある」「契約時に電話番号をかけない人がいた(ので認知症を疑った)」などの業務中の体験談が挙げられたほか、「『おかしいな』と思っても、その人の尊厳にもかかわるので対応は慎重にすべき」「認知症のメカニズムも知りたい」といった意見も出されていた。

 参加者らは今後、新聞の配達や集金業務の際、可能な範囲で認知症が疑われる人に声かけを行ったり、地域ケアプラザに連絡したりするという。

 「ご協力はとてもありがたいこと。これにより住みよい街づくりを広げていきたい」と社協の池田誠司事務局長。乙幡支部長は「取組みを通じ、思いやりの心を育むことにつながれば」と話していた。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

新羽ケアプラで「桜」満開

【Web限定記事】

新羽ケアプラで「桜」満開 社会

利用者らが花紙で制作

4月8日号

利用者の声受け、トイレをリニューアル

【Web限定記事】港北図書館

利用者の声受け、トイレをリニューアル 社会

4月8日号

球団新社長に木村氏

DeNA

球団新社長に木村氏 社会

横浜出身の38歳

4月8日号

連続無火災を表彰

港北消防署

連続無火災を表彰 社会

2連合町内会が達成

4月8日号

プロスポーツの試合、身近に

プロスポーツの試合、身近に 社会

 区内企業、中学生を招待

4月8日号

みどりのまちMAP配布

大倉山

みどりのまちMAP配布 社会

みどりアップ事業で

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter