瀬谷区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

(株)竹虎(卸本町) 防護服500着を寄附 救急隊員のコロナ対策に

社会

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
防護服を手に持つ松原局長(左)と飯島社長
防護服を手に持つ松原局長(左)と飯島社長

 新型コロナウイルス対策の一環として瀬谷区に本社がある株式会社竹虎(飯島幹夫代表取締役社長)が、横浜市消防局(松原正之局長)に防護服500着を寄附した。11月12日には同局司令本部(保土ケ谷区)で、松原局長から飯島社長に感謝状が手渡された。

 寄付された防護服は、不織布のつなぎでフードがついており、血液や体液などへの接触に伴う感染を防止する。「新型コロナウイルス感染症に対応している救急隊等の感染防止対策として、活用させていただきます」と市消防局職員。これまでに民間企業から横浜市に防護服やマスク、フェイスシールドなどの寄附があったものの、消防局への防護服の寄附は初めてだという。

出来る限りのことを

 医療現場で使われるマスクやガウンなどの医療衛生材料や機器、福祉用具や生活支援用具などの開発販売、輸出入を行っている同社。卸本町に本社を構えており、今回の寄附のほかに、今年3月には神奈川県に医療用グローブを贈っていた。同社スタッフによると、20年以上取引をしている中国企業からマスクと共に防護服が送られ、より効果的に活用してもらおうと寄附に至ったという。

 感謝状を受け取った飯島社長は「日頃から神奈川県内や横浜市内の病院をはじめ、地域には大変お世話になっている。少しでも貢献ができればと思い、寄附をさせていただいた」とし、「社会貢献活動は社員のモチベーションにもつながっていく。これからも自分たちに出来る限りのことで貢献できれば」と力強く語った。

寄附された防護服(提供写真)
寄附された防護服(提供写真)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域の子育て支え10年

にこてらす

地域の子育て支え10年 社会

交流や情報発信担う

5月13日号

区内出身2選手を指定

ドリームアスリート

区内出身2選手を指定 スポーツ

パラリンピック目指す

5月13日号

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter