戸塚区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん) 戸塚町在住 42歳

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena

「エンタメ」で人をつなぐ

 ○…約20年の歴史を築いてきた「UNITY(ユニティー)」が戸塚にやってきた。若者を中心に人気の音楽グループ「GReeeeN」など、現在の音楽シーンの第一線で活躍する様々なアーティストが憧れてきたイベントだ。「エンタメの世界を目指す子どもが夢を叶える場所として続けていきたい」と爽やかな笑顔を見せる。

 ○…2BACKKA(ツーバッカ)というユニットのほか、ソロでフランスのイベントの舞台に立つなど、ヒップホップの世界で活躍してきた。音楽制作は一人で行うことも多いが、楽曲がひとたび世の中に出れば、人と人をつなぐツールになる。現在は「UNITY」の企画のほかにも区内でのダンススタジオ経営、アーティストのプロデュースなど、音楽を中心に様々な活動を展開している。妻の実家である戸塚には7年前に引っ越してきた。「何かやりたいという思いを応援してくれる街。音楽で戸塚を盛り上げられたら」と願う。

 ○…名前の由来は、一世を風靡したミュージシャンのMCハマー。「中学3年の頃に夢中になって髪型を真似してから、このあだ名がついた」と笑う。音楽への情熱はその後も冷めず、19歳頃から曲を作り始めた。「それまではただの音楽オタクだったが、ある映像を見て音楽で食べて行こうと決意したんです」。それはヒップホップの伝説的イベントのビデオ。勤め先を退職し本格的な音楽機材を購入。デモテープを持ってライブハウスに赴き、積極的に自分を売り込んだ。イベント後の会場掃除など、下積みの中で徐々に縁をつくり、道を切り開いていった。

 ○…「小さな頃はいじめられていて、孤独だった」と振り返る。楽曲製作という”孤独”な作業に熱中してしまう気質はその頃に由来している。一方で、人と触れ合う時間の大切さもその経験から学んだ。「区内で野外コンサートを開くという夢がある。このイベントがその序章となるよう成功させたい」と力強く語った。

戸塚区版の人物風土記最新6

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

大石 勝己さん

「かながわ感動介護大賞」の優秀賞を受賞した

大石 勝己さん

川上町在住 79歳

4月7日号

平成横浜病院

人間ドックオプション検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook