戸塚区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長 前田 利昭さん 俣野町在住 75歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

「地域交流」縁の下で支える

 ○…深谷台地域のドリームハイツに隣接する地域交流拠点「ふらっとステーション・ドリーム」が、今春NPO法人化して10年目を迎える。ボランティアの主婦による手作りランチの提供や講座など、長年”憩いの場”として親しまれてきた。「ハイツの住民たちを中心に、年間1万人以上が訪れてくれる。もっと盛り上げないと」。節目に向け、気合いを入れる。

 ○…運営に関わり始めたのは8年前。当時、母の介護をきっかけに学んだ知識や情報を、自らも住むハイツの自治会内で発信していた。その姿を見た前理事長に「うちでも活動しないか」と誘われたのがきっかけ。「たくさんの人が集まるこの場所でなら、もっと住民の役に立てるかも」とすかさず立ち上がり、以降、スタッフと試行錯誤しながら様々な事業を企画してきた。そして3年前、周囲の推薦で理事長に就任。ハイツの「自分たちのまちは自分たちで」という自立精神に共鳴し、拠点ではこのポリシーに即した住民の居場所づくりに奮闘してきた。「みんながここで羽を伸ばしてくれたら」と住民間の交流を縁の下で支える。

 ○…ハイツに住み始めたのは働き盛りの30代の頃。「周囲は自分のような所帯持ちばかり。子どもがたくさんいて大賑わいだった」と懐かしむ。今では、巣立った若者が孫を連れて帰って来ることも多い。「うちでも、間もなく大学受験を終える孫が遊びに来る。合格したらお祝いしないと」と話し、優しい祖父の顔を垣間見せる。

 ○…昨年から共稼ぎの家庭を応援する「親子食堂」を始動。「温かい食事を通して多世代で交流を深めてもらえたら」と願う。また、今までの活動が評価され、この1月には地方の新聞社などが主催する「地域再生大賞」でまちづくりの模範団体にも選ばれた。「今後も地域に必要とされるよう、自分たちに何ができるか考え、実践していく」。その思いを胸に、奔走する。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

中野 サト子さん

介護予防活動を行う「東戸塚いきいきくらぶ」を立ち上げた

中野 サト子さん

品濃町在住 78歳

8月22日号

相澤 靖さん

40周年を迎えた柏尾サッカークラブの代表コーチを務める

相澤 靖さん

舞岡町在住 46歳

8月15日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月8日号

鈴木 修平さん

全国消防救助技術大会に出場する、吉田消防出張所の特別救助隊監督の

鈴木 修平さん

吉田町勤務 33歳

8月1日号

内田 正男さん

戸塚区を拠点に活動する小学生のフラッグフットボールチーム「リトルセインツ」の監督を務める

内田 正男さん

藤沢市在住 69歳

7月25日号

悦田 浩邦さん

戸塚区医師会の会長に就任した

悦田 浩邦さん

品濃町在住 59歳

7月18日号

我妻(あがつま) 貴志さん

戸塚区薬剤師会の会長に就任した

我妻(あがつま) 貴志さん

柏尾町在住 52歳

7月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第224回

    男のおしゃれ学

    「敵とするか味方にするか」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    8月15日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク