戸塚区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

フラメンコギター・津軽三味線の奏者として活躍する 栗原 武啓さん 上矢部町在住 47歳

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena

「やってみないと分からない」

 ○…スペイン南部の無形文化遺産「フラメンコ」。そのギター伴奏を務める。さらに津軽三味線の奏者としても活躍。”二刀流音楽家”として、国内だけでなく国外のイベントに出演することも。「2つを演奏する人はなかなかいません。そこに面白さも感じてもらっているようです」

 ○…音楽家の道を歩んだのは父の影響が大きい。6歳から父と一緒に三味線を始め、プロになった父とともに温泉や結婚式などに参加し、演奏を披露してきた。同時に家で流れるフラメンコのレコードに惹かれ独学でギターを始める。転機は29歳。サラリーマンとして2人の息子と妻を養う傍ら、音楽活動を行っていたが、会社の業績が悪化したのを機に決断する。「バイトをしながら、まずは3年音楽家として活動しようと思い立ちました。自由奔放な父の影響もあったのかもしれない」。15年前から友人の依頼でフラメンコと三味線の融合を実現。ロシアの音楽大会で観客賞の受賞も果たした。

 ○…自身の経験もあり子どもたちに「ダメ」と言うことはないという。23歳の長男は現在お笑い芸人として活動。突然SNSで報告されたときは驚いたという。「同じ芸人として、アドバイスができることも多いはず。ライブもよく見に行っています」と笑顔で話す。

 ○…新型コロナウイルスの影響で活動が難しい中、「今後は新しいやり方を模索したい」と前向きな姿勢。最近は動画投稿サイトYouTubeを活用し、フラメンコを披露する機会も多くなったという。また、地域に根差した活動も目標としており「地元は地元住民で盛り上げないと」と意気込む。フラメンコの情熱的で軽快な音楽と、三味線の軽やかな音を戸塚で楽しめる日が待ち遠しい。

戸塚区版の人物風土記最新6

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

新出(しんで) 直美さん

戸塚区老人クラブ連合会の会長を務める

新出(しんで) 直美さん

俣野町在住 83歳

9月10日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

1DAY講座&無料体験。秋から新しいこと始めよう

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク