金沢区・磯子区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める 高島 哲さん 金沢区並木在住 74歳

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

高齢者と若者の接着剤に

 ○…会長を務める公園愛護会が横浜市のまち普請事業に提案した企画が採択され、2020年2月にオープンしたふなだまりウッドデッキ。その周辺の清掃を毎朝5時から仲間と共に続けてきた。「この風景が大好きなんです」と水面に目を向けにっこり。前会長の赤澤寧さんの急逝で一時は完成が危ぶまれたが、街の風景にすっかり溶け込んだ今、次世代にいい形で残せるよう、若者世代との融和を目指す。

 ○…並木に移り住んだのは団地が造成されて間もない約50年前。当時は24歳で立ち上げたデザイン会社の経営に忙しく、地元に目を向けることはほぼなかった。そんな「罪滅ぼし」にと約8年前から始めたのがごみ拾い。当時は朝の3時から6時ごろまで一人で趣味のスポーツバイクで並木を巡った。その時出会ったのがSUPでごみ拾いをしていた赤澤さん。「一緒に何かやろう」と意気投合し、愛護会立ち上げにつながった。

 ○…昨年3月、住民主体のエリアマネジメントを目指すあしたタウンの共同代表理事に就任した。「あしたタウンは子育て世代にも目を向けた団体。愛護会が高齢者と若者の接着剤になれれば」と意気込む。高齢の住民の中には、横浜市立大学や企業が参画していることから活動内容を疑問視する人もいるそう。「イベントや活動を通して、『そうじゃない』ってことを伝えたい」

 ○…「今の内に若い人に活動をつなげていくのが一つの使命だと思う」ときっぱり。所属する様々な活動に「遊びにおいで」と若者に声をかけ、つながりを醸成する。3月はごみ拾いが一番楽しい時期とも。「日の出が早くなり春がくるぞって、嬉しくなってくる」。多世代が融和した活動の”春”もそう遠くはなさそうだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月19日号

橋本 昌幸さん

4月から横浜市三殿台考古館の館長を務める

橋本 昌幸さん

磯子区岡村在勤 61歳

5月12日号

カテリーナさん

【Web限定記事】横浜を拠点にウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」の演奏活動を行う

カテリーナさん

横浜市在住 

5月5日号

相馬 淳子さん

ラオスの織物や文化を伝える「PaTu」(パトゥ)の代表を務める

相馬 淳子さん

金沢区柴町在住 53歳

4月28日号

川井 康裕さん

久良岐能舞台の館長を務め、さまざまな企画を展開する

川井 康裕さん

磯子区岡村在勤 68歳

4月21日号

関森 雅之さん

4月1日付で磯子区長に着任した

関森 雅之さん

磯子区在勤 56歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook