中区・西区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 コロナ対策と経済の両立最善尽くし乗り切る一年に 自民党 神奈川県議会議員(西区)加藤 元弥

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年は多くの人が傷つき苦しみ迷った年でした。新年は再建の年にしなければなりません。

 新型コロナウイルスは今なお人々の生命と健康にとっての脅威です。今後も医療崩壊が発生しないように細心の注意を払って感染症対策を実施していかなければなりません。しかし、同時に人々の生活の基盤である経済と雇用も支えていかなくてはなりません。コロナを乗り越えた命が経済苦によって失われる、そんな事があってよいはずがありません。

事業者への支援拡充も

 昨年末からの新規感染者急増に伴い、神奈川県では飲食店等の皆様に「時短営業」を要請し、要請に応えていただいた方に協力金を交付。また、これまで事業者の感染防止対策を補助金により支援してきましたが、新たに飛沫感染防止用アクリル板や換気用サーキュレーター、飛沫拡散を抑える加湿器、換気時を知らせるCO2濃度測定器の飲食店への無償貸出を開始。医療現場がひっ迫する中、感染者を減らすためには、こうした貸出には即効性があり有効です。既に多くの申込があり、今後貸出数を追加するなど制度充実を検討したいと思います。

電子決済を推進

 電子決済の推進も重要。現金を触る必要がないため感染拡大防止にもなりますし、経済支援策として行われた紙のプレミアム商品券は、現金化に時間がかかり資金に余裕のない事業者にとっては負担となります。また、電子決済や電子商品券が普及することで、今後の緊急時の経済支援策がより即効性を持ちます。県内でも既にいくつかの自治体が電子商品券を導入済みで、こうした取組は強く推進していきたいと考えます。

 感染症対策と経済の両立、アクセルとブレーキを踏みながら前に進まなくてはならない極めて難しい状況ですが、国民一人一人、企業、行政、政治がそれぞれ最善を尽くす努力をすればきっと乗り越えられるはず。共に明るい2021年をつくっていきましょう。

神奈川県議会議員 加藤元弥

横浜市西区中央2‐13‐1 ドマーニ・S1階

TEL:045-322-2760
TEL:045-225-8828

http://motoya-kato.jp/

中区・西区版の意見広告・議会報告最新6

危険なバス停付近安全な歩道幅の確保

国民に寄り添い 約束を果たす

意見広告

国民に寄り添い 約束を果たす

衆議院議員 すが 義偉

10月14日号

いざ改革へ 信念を貫く

意見広告

いざ改革へ 信念を貫く

日本維新の会 浅川義治

10月14日号

変えよう。新しい政治に!

一部の人ではなく、みんなを幸せにする経済対策へ! 意見広告

変えよう。新しい政治に!

立憲民主党 衆議院議員(現職2期)しのはら豪(46歳)

10月14日号

「国産ワクチン・治療薬の創薬力強化を」対談 安倍晋三・松本純

補正予算で感染対策強化

市政報告

補正予算で感染対策強化

自民党市会議員 松本 研

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook