南区版 掲載号:2008年1月1日号 エリアトップへ

落語家 横浜愛す 下町育ちの頑固者 桂 歌丸さん 真金町在住 71歳

掲載号:2008年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 ○…落語家にとって正月は一番忙しい時期。元日はテレビの12時間番組「大笑点」に出演する合間を縫って寄席を飛び回る。「忙しいから1月は嫌い」と笑う。若い女性が寄席に通うなど、“落語ブーム”と言われる昨今。「こればかりは本当に分からないね」と言いつつも「テレビの薄っぺらな笑いに飽きちゃったのかも」と。同時に「笑点が落語の入り口になっているのでは」と自負する。


 ○…勉強嫌いでラジオの演芸放送をかじりつくように聴いていた少年は、小学4年生で噺家になる決心を固める。「学校の勉強は頭に入らなかった」。中学3年で五代目古今亭今輔に弟子入り。二つ目時代、寄席への出番の少なさから師匠の下を飛び出したり、内容に不満を感じて笑点を降板した過去もある。「噺家はみんな頑固で強情だから」。4年前からは落語芸術協会の会長に就任。「会長は意見を出さず、みんなの声を聞かなくてはいけない」と個性派揃いの面々をまとめる。

 ○…真金町の遊郭で生まれ育った。「隣の家の味噌やしょうゆの場所が分かる」ほどの付き合いが今でも残る下町だ。市民に対しては、「住んだ以上は横浜を愛し、ハマっ子になってほしい」と強く願う。地元、横浜への恩返しの意味を込め、存亡の危機にあった南区・三吉演芸場を支援し、中区の横浜にぎわい座の設立にも奔走した。

 ○…「何でも集めるのが好き」と化石や魚、鳥にも関心を持つが、妻・富士子さんからは「お父さんの趣味は一文にもならない」と苦言を呈されることも。「カミさんには頭が上がらない。私はただのお金の運び屋ですから。運び屋って言っても今は振り込みだけど」。最近では芸に円熟味が増したと評価されるが「まだ五合目ぐらい。自分の道を進むだけ」と力強く語る。「ねずみ年は十二支の始まり。スタートラインに立ったと思って頑張っていきたい」。今日も高座で客と、そして落語と真剣勝負する。

南区版の人物風土記最新6

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務め、地域の歯科医療を支える

吉田 直人さん

六ツ川勤務 62歳

9月23日号

小石 昌矢さん

「東京2020パラリンピック聖火リレー」を神奈川県代表として走った

小石 昌矢さん

横浜総合高校3年 17歳

9月16日号

大岩戸さん(本名:上林義之)

元力士で相撲を通じた健康づくりなどの社会貢献活動に取り組む

大岩戸さん(本名:上林義之)

井土ヶ谷下町在住 40歳

9月9日号

廣山 典子さん

南防犯協会の事務局長で、特殊詐欺などの犯罪防止に努める

廣山 典子さん

大岡勤務 54歳

9月2日号

中島 一雄さん

平戸桜木道路の花壇を整備し、5年前から一人で周辺のごみ拾いを続ける

中島 一雄さん

六ツ川在住 78歳

8月26日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月19日号

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook