南区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

南区 妊婦対応に専門職員配置 出産前から継続支援

社会

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 南区福祉保健センターに9月、妊娠初期から妊婦の相談に継続して対応する専門職員「母子保健コーディネーター」が2人配置される。母子健康手帳交付時に面談を行い、相談に乗りながら、今後、受けられるサービスなどの情報を提供。これにより、区は妊娠期から子育て期の切れ目のない支援の充実を目指す。

 コーディネーターの配置は、4月に施行された国の「児童福祉法等の一部を改正する法律」を受けてのもの。市町村は、妊娠期から子育て期までの継続した支援をすることが求められる。横浜市はモデル事業として南区、都筑区、泉区の3区に専門職員を配置し、今後、全市展開を目指す。

 南区には助産師、保健師の資格を持つ2人が配置される。母子健康手帳交付時に全妊婦と約30分間の面接を行い、出産前後に区役所や地域子育て支援拠点などで受けられるサービスに関する情報が提供される。

行動予定を作成

 さらに、コーディネーターが妊婦と話し合いながら、個人の生活状況に合わせた「マイカレンダー」を作成。妊娠初期から出産後までの各段階に合ったサービスを説明。「○月に○○地区センターで両親学級がある」など、具体的に必要な情報を提供する。

 その後の妊婦からの相談も面接を行ったコーディネーターが窓口となって継続的に対応する。南区子ども家庭支援課は「母子健康手帳を渡した後は妊婦と接点を持ちづらかったが、コーディネーターが窓口だと明確になれば、相談にも対応しやすくなる」と話す。

地域拠点と連携

 コーディネーターは地域子育て支援拠点「はぐはぐの樹(き)」=弘明寺町=と連携し、出産後のサポートも行う。同所を運営するNPO法人「さくらザウルス」の横田美和子理事長は「妊娠期に拠点を見学してほしい」と語り、コーディネーターの細やかな情報提供に期待する。

 同課によると南区では年間約1500人に母子健康手帳を交付している。同課は「コーディネーターに多くの質問をしてほしい」とも話し、妊婦のニーズ把握にもつなげたい意向だ。

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

応援団のエール再び

Y校

応援団のエール再び スポーツ

野球部試合で今年初活動

12月3日号

「アドバイザー」身近に

南永田団地

「アドバイザー」身近に 文化

住民イベントで交流

12月3日号

英国五輪のPR法学ぶ

Y校生

英国五輪のPR法学ぶ 教育

広報責任者とビデオ会議

11月26日号

高齢者に電話機貸し出し

南区

高齢者に電話機貸し出し 社会

詐欺被害抑止へ新対策

11月26日号

外国人避難誘導 初の訓練

外国人避難誘導 初の訓練 社会

南消防署、中・英語で伝達

11月19日号

シールで「詐欺撃退」を

シールで「詐欺撃退」を 社会

金融機関、南署らと連携

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新型コロナに再度の警戒

    累計感染者が1万人超え 県政報告

    新型コロナに再度の警戒

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月26日号

  • 認知症医療施設が拡充

    予防・早期発見へ ニッタオンライン市政報告53

    認知症医療施設が拡充

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月23日23:15更新

  • あっとほーむデスク

    11月19日16:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「異世代交流の場に」

「異世代交流の場に」

12日、南永田団地で祭り

12月12日~12月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク