南区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

南永田団地 空き店舗活用へNPO 住民設立「憩いの場を」

社会

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
活用を検討している空き店舗
活用を検討している空き店舗

 南永田団地内にある商店街の空き店舗を活用し、憩いの場やコミュニティスペースを作ろうと取り組んでいた住民らが、活動を加速化させるためにNPO法人を立ち上げようとしている。1月23日に設立総会を開き、今後は市の補助金を得て、空き店舗の改装を行い、来春には住民が集える場の開設を目指す。

活気取り戻す

 南永田団地は1974年に完成。UR都市機構が管理し、賃貸と分譲を合わせて約2400戸ある。団地内にある商店街「南永田商栄会」では、スーパーや郵便局など、10店舗以上が営業するが、約30年前に閉店して以降、シャッターが閉じたままの店舗もある。

 団地住民の約4割が高齢者で、南区の中でも割合が高い。住民からは「団地全体に活気がなく、空き店舗を利用し、住民が集える場を作れないか」という声が以前から出ていた。

 南区役所はこれに応える形で2015年、永田みなみ台連合自治会(常木敬司会長)と協力し、空き店舗活用法を考える講座を企画。まちづくりの専門家である「横浜プランナーズネットワーク」にも助言を受け、住民有志が活用の実現性やそれへ向けての方法、課題を探ってきた。

異世代交流も

 16年3月には講座参加者が「永田みなみ台まちづくり委員会」を立ち上げた。その後、区の補助金を得て、空き店舗に対する関心を高めてもらうためのイベント「つながり祭」を4月から隔月で実施。約60平方メートルの空き店舗を一時的に借り、フリーマーケットや音楽演奏などを行うことによって、徐々に住民の意識が高まっていった。活動には、団地そばの永田台小学校の児童、保護者、教諭も加わり、イベントを知らせる旗を作るなど、賛同者が増え、異世代交流の場にもなった。

補助金申請へ

 空き店舗を常設のコミュニティスペースにするためには、改装費用や借り上げのために多額の資金が必要。行政などからの補助金を得るには、NPOなどの法人格が必要なものが多いことから、同委員会を発展させる形でNPO法人設立を決めた。法人名は「永田みなみ台ほっとサライ」とし、現在、申請の手続きを進めている。メンバーは約30人。23日の設立総会で常木会長は「憩いの場や高齢者の生活支援、見守りの拠点を作りたい」と述べた。

 今後、法人として市の介護予防交流拠点整備事業に応募する。採択されれば最大で850万円の補助金が得られる。得られた場合は、空き店舗の改装費に充てられる予定で、来年4月の拠点完成を目指して準備を進めていく。

店舗で行う「つながり祭」
店舗で行う「つながり祭」

南区版のトップニュース最新6

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ 経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

香港民主化 写真で伝える

伏見町の中村さん

香港民主化 写真で伝える 社会

最前線撮影の作品展

4月22日号

ライン操作法を学ぶ

六ツ川地区連合

ライン操作法を学ぶ 社会

市企画の講座に参加

4月22日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付き商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

4月15日号

「外国人指導チーム」発足

南消防団

「外国人指導チーム」発足 社会

市内初、日中韓合同で

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日9:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter