南区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

市議選 定数減で各党大物投入 菅氏や公明代表が南区に

政治

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
市議・県議候補を応援するために弘明寺商店街を練り歩いた菅氏(3月30日)
市議・県議候補を応援するために弘明寺商店街を練り歩いた菅氏(3月30日)

 今回の市会議員選挙では定数の見直しにより、南区選挙区は「5」から「4」へと減ったことで、立候補した現職5人のうち、必ず1人以上が落選するという厳しい戦いになった。現職の議席死守のため、各党とも大物を応援に投入していた。

 遊佐大輔氏と渋谷健氏の2人が立った自民党。前回は2人が1、2位を占めたとはいえ、定数減に強い危機感を見せていた。3月30日には、かつて、2人が秘書として仕えた菅義偉官房長官が南区入り。地元だが、4年前の統一地方選では南区に入ることはなかった。新元号発表を控え、多忙な中でも応援にやって来た菅氏。花見客でにぎわう弘明寺商店街を市議・県議候補の3人と練り歩いた。「市会には、遊佐、渋谷の2人が必要です」と街宣車の上から訴えると、大きな拍手が起こった。2回連続のトップ当選を果たした遊佐氏は「菅さんがいなくても我々が南区を守らなければならない」と話した。

「全国一厳しい」

 7期目を目指した公明党の仁田昌寿氏は初日の3月29日、横浜橋通商店街そばに党の山口那津男代表を迎えた。代表が応援に駆け付けることは、南区が全国でも有数の激戦区であることを物語っていた。山口氏は仁田氏の実績に触れた上で「『仁田桜』を咲かせてください」と満開が近付いていた大岡川の桜になぞらえ、支持を呼び掛けた。当選後、仁田氏は「全国一厳しい選挙区という認識で戦ってきた」と前回から3千票以上伸ばしたことに表情を引き締めていた。

仁田氏への支援を呼び掛けた山口代表(3月29日)
仁田氏への支援を呼び掛けた山口代表(3月29日)

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

「着ぐるみ音楽隊」が行進

「着ぐるみ音楽隊」が行進 社会

日ノ出サンデーズ 17日、交通安全訴える

5月16日号

日枝小キッズ「アイドル」に

日枝小キッズ「アイドル」に 教育

ポニカロードと共演

5月16日号

初夏の青空 スポーツで汗

初夏の青空 スポーツで汗 社会

お三の宮、寿東部で大会

5月16日号

南区球児の戦い始まる

南区球児の戦い始まる スポーツ

区民大会に小中29チーム

5月16日号

生ごみを堆肥に

生ごみを堆肥に 文化

大岡で講座

5月16日号

関東学院中高100年で講演会

青年団体が清掃

青年団体が清掃 社会

ローターアクト、奉仕活動

5月16日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

  • 5月16日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク