鶴見区版 掲載号:2016年12月1日号 エリアトップへ

下野谷小が90周年 地域住民ら祝う

教育

掲載号:2016年12月1日号

  • LINE
  • hatena
地域住民が見守る中行われた式典
地域住民が見守る中行われた式典

 下野谷小学校(河村真澄校長・全校児童418人)で11月19日、創立90周年を記念する式典・祝賀会が開かれた。当日は、地域住民ら約230人が集まり、同校の節目を祝った。

工業地帯の学校

 下野谷小学校は、1926年に潮田尋常高等小学校から分離し、橘樹群鶴見町下野谷尋常高等小学校として開校された。

 当時の児童数は952人。工業地帯に隣接していたことから、周辺には工場労働者の住宅が立ち並ぶようになっていた。

 第二次世界大戦中は、軍需工場がある京浜工業地帯に爆弾が投下され、同校のすぐそばの「学校通り商店街」まで焼け野原になった。 高度成長期に入ると、多くの工場が現れ、住民の間では目が痛んだり、洗濯物が汚れるなどの公害が発生。そんな中でも子どもたちに希望をと、「けむりんこ」という歌も作られた。

 2009年からは学区内の町会協力のもと、PTA主催の「したのやまつり」を開催。行事の売り上げは90周年記念事業のため一部寄付された。

 式典で挨拶に立った同校の河村真澄校長は、「周年を通じ地域の温かさを感じた。これまでの伝統をしっかり受け継ぎ、100周年に向け新たな一歩を踏み出したい」と話していた。

鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

任期1年 議案など審議

5月19日号

仲通で田植え体験

仲通で田植え体験 社会

盛り上げ隊が子ども向けに

5月19日号

活動報告をデジタル化

市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

横浜大空襲から平和学ぶ

横浜大空襲から平和学ぶ 社会

関内ホールで戦争展

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

参院選神奈川選挙区

幸福実現党から壹岐氏 政治

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook