鶴見区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

「トイレは命を守る」 市医師会 災害時の対策講演

社会

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
備蓄についても話された講演
備蓄についても話された講演

 災害時の口腔ケアとトイレ対策を学ぶ市民公開講座が2月15日、鶴見大学会館で開かれ、集まった区民らは過去の事例を踏まえた講師の話に耳を傾けた。(一社)横浜市歯科医師会が主催。同会常務理事の佐藤信二氏と、NPO法人日本トイレ研究所の代表理事・加藤篤氏が講師を務めた。

 佐藤氏は災害時に水が不足する中での口腔ケアの重要性などを講演。続く加藤氏は、後回しにされることで感染症の発生源などとなり、災害関連死を生む可能性のあるトイレ対策について、その必要性を説いた。

 加藤氏は、東日本大震災を経験した釜石市の避難所世話人が残した「トイレは命に関わる」というメッセージを紹介しながら、「快適なトイレは贅沢ではない。命を守るために必要」と力説。視察したイタリアの災害現場では、食べ物より先にトイレを手配するとし、「避難所にはワインもあり、日常を大事にしている」と、関連死にもつながる我慢について、意識やイメージの変革を呼びかけていた。

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter