神奈川区版 掲載号:2015年10月15日号
  • googleplus
  • LINE

栗田谷中 45年ぶりに制服一新 開校70周年を前に

教育

新旧両方の制服を着る生徒会役員たち
新旧両方の制服を着る生徒会役員たち
 横浜市立栗田谷中学校(千田晴久校長/生徒数417人)の制服が45年ぶりに一新されることになった。10月9日にはリニューアルに携わった生徒会役員から全校生徒に発表があり、来春入学する1年生から導入される。

 現在の制服は1970年に採用されてから代々、栗中生が着てきたものだ。愛着ある一方で「襟付きのブレザーにしてほしい」など、制服に対する生徒の要望は長年絶えなかった。教職員の間でも話題に上がったことはあったが、企画から導入までに数年を要するという点でも、なかなか動き出すことができなかった。

 今回、リニューアルを決定づけたのは、2017年に迎える開校70周年。千田校長の呼びかけで今春、教職員、生徒、PTA約20人からなる選定委員会を発足した。生徒・保護者向けにアンケートをとり、集計をもとに3社のコンペを行ったという。生徒会長の橋本紗映さんは「着心地の良さも判断材料となった」と振り返る。

生徒の要望随所に

 新制服は襟付きブレザーで、女子はスカートとスラックスから選べる。また、新たにネクタイが取り入れられた。今回新たにスクールカラーとした「マロン色」をボトムスの柄や胸ポケットの刺繍などに採用。当時の美術部員がデザインした現制服の胸にある「K」の文字は、新制服のボタンに受け継がれる。発表時、在校生からは「うらやましい」といった声があがっていた。

 PTAの高崎健人会長は「生徒が自分で考えたものを形にできて嬉しい」と話し、千田校長は「PTA、子どもたち、職員みんなの気持ちがあってできたこと」と感謝を口にした。

 在校生は現制服を卒業まで着用する。

神奈川区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

専門学校が被害者支援

「はれのひ」問題

専門学校が被害者支援

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

臨海部の区民利用施設が連携

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

地区セン花壇を整備

錦台中ブロック

地区セン花壇を整備

2月1日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク