多摩区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

多摩川梨 長雨越え、大きく甘く 区内、収穫期迎える

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
「幸水」の生育を確認する斉藤さん=1日
「幸水」の生育を確認する斉藤さん=1日

 川崎市内で生産される「多摩川梨」が収穫期を迎えた。今年は長い梅雨を乗り越え、大きく甘みのある梨を楽しむことができそうだ。

 多摩川梨は多摩川流域を中心に収穫される梨の総称。市内では約250年前から栽培されているといい、登戸周辺では昭和初期から観光農園としての梨販売も盛んに。農園数は減少傾向だが、現在も市内約30万平方メートルで栽培が続いている。

 登戸にある「すみや梨園」の4代目・斉藤彰さん(43)は、市内農園の若手後継者でつくる「チーム梨(り)ノベーション」の代表。十数名で、新しい技術の情報交換や生育の確認を行っている。今年の梨について「梅雨が明けて天気が回復し、大きさも甘さも十分」と斉藤さん。同園では「幸水」「豊水」「二十世紀」などを扱っており、「幸水はお盆前くらいから収穫できるのでは」と話す。

品評会で技術向上

 川崎市とセレサ川崎農業協同組合では、梨やぶどうの栽培技術向上と消費拡大を目指し、品評会を毎年行っている。今年はセレサモス宮前店で8月19日(月)、市農業技術支援センターで9月2日(月)に開催。一般観覧や即売もある。さらに、品評会や多摩川梨をアピールしようと、「展示・即売会」も初企画。JR武蔵溝ノ口駅改札口前で8月28日(水)、午後4時から。

 問い合わせは【電話】044・945・0153。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

残暑お見舞い申し上げます

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク