麻生区版 掲載号:2019年8月16日号 エリアトップへ

鉄道模型で癒し提供 地元愛好家クラブ 新百合総合病院に展示

文化

掲載号:2019年8月16日号

  • LINE
  • hatena
「院内の展示はこれからも続けていきたい」と二上代表(右から2人目)
「院内の展示はこれからも続けていきたい」と二上代表(右から2人目)

 昭和の風景で作られた鉄道模型が新百合ヶ丘総合病院(区内古沢都古)に、9日まで展示された。

 展示企画を行ったのは鉄道模型のNゲージ愛好家らによる「新百合ヶ丘鉄道模型クラブ」。同クラブは2004年に発足され、これまで福祉施設や区内外の商業施設などで展示を行っている。新百合ヶ丘総合病院では2013年から展示を行ってきたが、昨年は同院の駐車場工事などにより一時中断。今年は2年ぶりの開催となった。

 同院内では例年、夏場に開催しており、過去には海外の山岳風景なども展示してきた。同クラブ代表の二上孝秋さん(62)=金程在住=は「入院されている方や外来で来院した方に癒しを提供しようと展示をお願いしたのが始まり」と話す。重い病気の患者から、必ず病気を治して夫婦でジオラマの場所を訪れたいといった感想を受けることもあったという二上代表。「鉄道模型というと子どもの玩具というイメージもあるが、精巧に作られた風景の中で列車を走らせると意外な効果もあると思わされた」と病院内の展示によるメリットを語る。

 展示初日となった6日も子どもからシニアまで、多くの人が机に並べられた模型を眺めていた。定期検査で来院したという町田市在住の男性(46)は「西武線の懐かしいレッドアロー号があって嬉しい気持ちになった。病院は気持ちが暗くなることもあるが、こういった企画があるのは良いと思う」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

伝統の地域催事 賑やかに

伝統の地域催事 賑やかに 文化

高石神社で例大祭

9月20日号

成果踏まえ活用法を検討

自由広場カナドコロ

成果踏まえ活用法を検討 社会

市、継続含め年明けに方針

9月20日号

「区域越え防災力向上を」

「区域越え防災力向上を」 社会

柿生小の自主訓練に300人

9月20日号

麦酒で賑う晩夏の百合丘

麦酒で賑う晩夏の百合丘 社会

ゆりバル3日間で700食

9月20日号

「まご育て」を考える

「まご育て」を考える 教育

専門家交え講座を開催

9月20日号

絵本ギフトで子育て支援

絵本ギフトで子育て支援 文化

読み聞かせの一助に

9月20日号

夜マルシェで上映会

夜マルシェで上映会 社会

21日 新百合ヶ丘駅前

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク