麻生区版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

市バス運賃 値上げ難航、経営影響も 市、資金不足19億円の試算

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
一部値上げされる川崎市バス
一部値上げされる川崎市バス

 川崎市は10月から、消費増税分のみの市バス運賃値上げに踏み切る。資金不足を補うための値上げは、国の認可が下りず見送った。値上げが今後できないと、2024年度に約19億の資金不足となる見込みだ。市は「料金改定が遅れるほど赤字が膨らみ、経営が厳しくなる」と危機感を募らせる。

 市の見通しでは、値上げができないと今年度以降、年間およそ3億円の赤字が発生。24年度には約19億円に膨らむ。経営状態の悪化の度合いを示す資金不足比率が20%を超えた公営企業は、国から財政立て直し計画の策定を義務付けられる経営健全化団体となる。総務省によると、状況によっては計画の策定を機に、従来通りの運営が難しくなる団体があるという。

 今まで以上に多額の経費が必要になった背景には、燃料費高騰や運転手の高齢化で退職金の支払いが重なることや、老朽化した営業所の建て替えがある。安全性確保のための車両更新は、今年度実施予定の25台分だけでも約6億円強かかる。市の担当者は「ダイヤの見直しなど、今まで企業努力により経営を続けてきたがもう限界。一刻も早い値上げが必要」と話す。

国との協議は続行

 市が10月から値上げを実施するのはICカードや定期などの数種類で、いずれも消費増税分のみ。現金普通乗車料金については据え置きの大人210円、小児110円。市は運賃改定に向け、昨年から国と協議を開始。今年3月に市の条例改正が完了していた。しかし、昨年の市バスの決算値が好調だったことから、国は市に対して値上げの認可が難しくなったと通達。資金確保のための実質的な値上げとなる税抜き価格の改定は叶わなかった。

 国の回答に対し、福田紀彦川崎市長は9月11日の市議会で「国と事前調整を進めてきたにもかかわらず、(値上げの)申請を見送らざるを得なくなったことは遺憾」とし、引き続き国と協議を重ねていく意向を表明した。

 市によると現在、国は市の要望を踏まえ、公営企業の収益に対する運賃の算定方法の見直しを検討しているという。

麻生区版のトップニュース最新6

オンラインで授業試行

麻生中特別支援級

オンラインで授業試行 教育

【Web限定記事】 新たな可能性広がる

5月22日号

オンラインでイベント開催

【Web限定記事】

オンラインでイベント開催 社会

ベジフェス 地元野菜販売、ワークショップなど

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

3カ所にPCR検査場

川崎市

3カ所にPCR検査場 社会

市医師会運営 態勢充実へ

5月15日号

発表者と地域をつなぐ

発表者と地域をつなぐ 文化

交流館やまゆりで新事業

5月1日号

「不安・危険」4割、対策へ

市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

国籍や治安で実感、増加

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク