麻生区版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

市バス運賃 値上げ難航、経営影響も 市、資金不足19億円の試算

社会

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
一部値上げされる川崎市バス
一部値上げされる川崎市バス

 川崎市は10月から、消費増税分のみの市バス運賃値上げに踏み切る。資金不足を補うための値上げは、国の認可が下りず見送った。値上げが今後できないと、2024年度に約19億の資金不足となる見込みだ。市は「料金改定が遅れるほど赤字が膨らみ、経営が厳しくなる」と危機感を募らせる。

 市の見通しでは、値上げができないと今年度以降、年間およそ3億円の赤字が発生。24年度には約19億円に膨らむ。経営状態の悪化の度合いを示す資金不足比率が20%を超えた公営企業は、国から財政立て直し計画の策定を義務付けられる経営健全化団体となる。総務省によると、状況によっては計画の策定を機に、従来通りの運営が難しくなる団体があるという。

 今まで以上に多額の経費が必要になった背景には、燃料費高騰や運転手の高齢化で退職金の支払いが重なることや、老朽化した営業所の建て替えがある。安全性確保のための車両更新は、今年度実施予定の25台分だけでも約6億円強かかる。市の担当者は「ダイヤの見直しなど、今まで企業努力により経営を続けてきたがもう限界。一刻も早い値上げが必要」と話す。

国との協議は続行

 市が10月から値上げを実施するのはICカードや定期などの数種類で、いずれも消費増税分のみ。現金普通乗車料金については据え置きの大人210円、小児110円。市は運賃改定に向け、昨年から国と協議を開始。今年3月に市の条例改正が完了していた。しかし、昨年の市バスの決算値が好調だったことから、国は市に対して値上げの認可が難しくなったと通達。資金確保のための実質的な値上げとなる税抜き価格の改定は叶わなかった。

 国の回答に対し、福田紀彦川崎市長は9月11日の市議会で「国と事前調整を進めてきたにもかかわらず、(値上げの)申請を見送らざるを得なくなったことは遺憾」とし、引き続き国と協議を重ねていく意向を表明した。

 市によると現在、国は市の要望を踏まえ、公営企業の収益に対する運賃の算定方法の見直しを検討しているという。

麻生区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

「東ルート」有力案 根拠示す

地下鉄延伸事業

「東ルート」有力案 根拠示す 経済

広域集客、バス連携を重視

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク