麻生区版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

性別「ゼロ」の先にあるもの 市内で明日から映画公開

文化

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
主人公の小林さん(右)と、藤本さん作品情報:監督 常井美幸/2019年/84分
主人公の小林さん(右)と、藤本さん作品情報:監督 常井美幸/2019年/84分

 ドキュメンタリー映画「ぼくが性別『ゼロ』に戻るとき 空と木の実の9年間」が、川崎市アートセンターで19日から26日まで公開される。川崎市出身でトランスジェンダーの小林空雅(たかまさ)さん(25)を主人公に、中学生から9年間の変化と成長を描く。

 小林さんは女性として生まれたが、性別に違和を感じ、13歳で「性同一性障害」と診断される。20歳になると性別適合手術を受け、戸籍を男性に変更、名前も現在の「空雅」に変えた。映画では小林さんの学生時代や手術を受ける前後など、その時々の思いや変化を映す。

 御幸小・中(幸区)、県立川崎高(川崎区)を卒業し、現在は多摩区に住む小林さん。市内での公開に「生まれ育った川崎で上映できて嬉しい」と笑顔を見せる。

自主上映から劇場へ

 全国で自主上映会を行い、今年7月からは東京や名古屋、大阪など6館で劇場公開を果たした。「目標にしていたアートセンターにたどり着けた」と喜ぶのは、同作のプロモーションを担当する藤本加奈さん(35)。麻生区在住の藤本さんは同作を知って以来「多くの人に見てもらうべき」と上映機会を模索。2月の麻生市民館での上映企画にも携わった。藤本さんは「LGBTQという言葉が広まる前から、9年間もテーマを追いかけていたことにも見る価値があると思う」と語る。

 映画の中で、小林さんにとって女性から男性になることは「マイナスからゼロに戻ること」と語られる。「ゼロに戻ってからの人生」を歩む中、多様なセクシュアリティで生きる人たちとの交流も経て、小林さんは自身の性を見つめ直す。「2回目の『ゼロ』があるという視点が見どころでもある」と藤本さん。

「フラットな気持ちで」

 「気持ちがどう動くかは見た人次第。フラットな気持ちで見てほしい」と呼びかける小林さん。藤本さんは「映画を一度見て、衝撃でもイマイチでも、なぜそう感じたかを広く発信してもらえれば」と話す。

 上映時間など詳細はアートセンターHPへ。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook