さがみはら中央区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

野菜不足 スイーツで解決 産官学連携でレシピコン

教育

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 野菜の摂取量を高め未病改善につなげるとともに、農産物の地産地消をはかる取り組みとして、相模女子大学・相模女子大学短期大学部(南区文京)の学生を対象にした「野菜がとれるおやつ・スイーツレシピコンテスト」が開催され、5日に最終審査兼表彰式がレンブラントホテル厚木で行われた。

 日本人が健康寿命を延ばすためには、1日350グラムの野菜摂取が必要とされている。しかし日本人の平均摂取量は290グラム、神奈川県においては280グラムという調査結果が出ている。さらにカゴメ株式会社が2019年に行った調査では、神奈川県は野菜嫌いの子どもが最も多い県となっている。

 そこで県は、包括連携協定を結ぶカゴメ株式会社と協力し、野菜を補う方法に着目。社会貢献活動に積極的な相模女子大学、さらにJA相模原市と協力し、野菜を使ったスイーツ作りのレシピを同学の学生から募集し、コンテストを実施することにした。

県産野菜を使用

 同コンテストは、1日に足りない70グラムの野菜を、美味しく手軽に食べられるレシピを競うもの。また地産地消にもこだわり、神奈川県産のブロッコリー、長ネギ、大根などを使うことが求められた。12月1日から23日まで募集を行い、学生23人から寄せられたのは27レシピ。その中から審査委員が書類選考を行い、点数の上位5作品が最終審査に進んだ。

 5日にレンブラントホテル厚木で行われた審査には、レンブラントホテル洋食料理長の片野博文氏、カゴメ株式会社神奈川支店長の大石武志氏、同社管理栄養士の小川つかさ氏ら5人の審査員が出席。レシピを考案した学生はオンラインでその様子を見守った。

最優秀賞に妻木さん

 レシピに基づいて作られたスイーツを実食審査した結果、最優秀賞には、健康栄養学科2年の妻木舞桜さんが考案した「片手でぱくっと!ゴロゴロ大根パイ」が選ばれた。アップルパイから着想を得たという妻木さんの作品は、リンゴの代わりに大根を使用。さいの目切りにすることで食感もしっかり残している。審査員からも「大根と思えないほど美味しかった」「火を使わないので効率がいい」と高評価だった。オンラインで取材に応じた妻木さんは「何度も試作を重ねて作ったレシピなので高評価を得てうれしい。他の人のレシピからも刺激を受けました」と話した。

さがみはら中央区版のトップニュース最新6

高齢者施設へ接種開始

コロナワクチン市内状況

高齢者施設へ接種開始 社会

集団・個別は5月以降に

4月15日号

食料支援企画を立ち上げ

区出身俳優水石さん

食料支援企画を立ち上げ 社会

ひとり親家庭に向けて

4月15日号

相模原市がワイン特区に

相模原市がワイン特区に 社会

規制緩和で地産拡大期待

4月8日号

東海大相模が10年ぶりV

東海大相模が10年ぶりV スポーツ

春の選抜大会制す

4月8日号

市、集団接種へ運営訓練

コロナワクチン

市、集団接種へ運営訓練 社会

副反応対応など手順検証

4月1日号

認知症の人が輝く場所に

認知症の人が輝く場所に 社会

相武台団地に対応型デイ

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter