さがみはら中央区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

今年で5年目を迎える「手作りマルシェフェスティバルin淵野辺」を立ち上げた 高橋 美保さん 淵野辺在住 54歳

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

「人の輪」で和を育む

 ○…淵野辺駅北口で2017年から始まったマルシェも今年で5年目を迎える。年に2回行われ毎回ごった返すほどの盛況ぶりで、コロナ禍で開催が危ぶまれた昨年も10月に元気に開催。厳重な感染対策を施す中、手作り品や趣味の品を買い求め大勢が来場した。今年も5月に開催を控え、今からワクワクしている。

 ○…発端はPTAだった。小中学校でPTAの役員を務めていた際、子どもの在学中の付き合いだけになるのを残念に思い、皆で集まる場を求めて淵野辺の地域活動を応援するグループ・ふちのべ星援隊に加わった。地域の盛り上げ役を担ううちに、人々が手作り品を主体につながるイベントとしてマルシェの開催に向け熱意を注ぐように。すぐに活動の中心となって実行委員会を立ち上げ、隊のメンバーの協力で夢は現実となった。1年後には近隣学生も巻き込み規模を拡大。参加店は多いときに60店以上あり、京都、愛知からの出店も。その人気は市内だけにとどまらない。

 ○…横浜生まれの横須賀育ち。相模原には結婚後に移住した。人と接するのが好きで、そのせいか、高校卒業後から百貨店や車の販売店などサービス畑を歩む。自宅では家事をしながらマドンナや渡辺美里の名曲を熱唱して気分転換するのがお気に入り。でも、最も得意なのは中森明菜の曲。

 ○…今後はパンなどの食を取り入れたり、土地の名産品を集めた物産展も盛り込んだマルシェも構想中。開催が11回目を数え、変化をもたらしたい考えだ。それでも、変わらないのはマルシェで「人の輪」を生み出し、つながりの場へと紡ぐこと。「今度はそれで和も育みたい」。困難な状況だが、明るい人柄でたくさんの協力をたぐり寄せ、きっとまた新たなマルシェを実現させる。

さがみはら中央区版の人物風土記最新6

甲斐 大輔さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2021年度会長を務める

甲斐 大輔さん

上溝在住 39歳

6月24日号

寺田 弘子さん

相模原市議会第49代議長に就任した

寺田 弘子さん

南区大野台在住 67歳

6月17日号

加藤 秀子さん

4月1日付で相模原交通安全協会小山支部の支部長に就任した

加藤 秀子さん

宮下本町在住 48歳

6月10日号

鈴木 美咲さん

第23回学校華道インターネット花展で関東ブロック賞を受賞した

鈴木 美咲さん

水郷田名在住 18歳

6月3日号

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

声優・ラジオパーソナリティで、「おうちde第48回市民桜まつり」でさがみはら絵本「なつのおと」を朗読した

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

緑区大島在住 34歳

5月27日号

田野倉 和美さん

4月1日付で中央区長に就任した

田野倉 和美さん

中央区在住 58歳

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter