さがみはら南区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

相陽中 修学旅行で平和宣言 広島県の被爆者に向け

教育

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
共同作品を前に平和の歌を披露した相陽中の生徒
共同作品を前に平和の歌を披露した相陽中の生徒

 相陽中学校(磯部・朴木昇校長)の3年生290人が6月8日、修学旅行先の広島平和記念資料館で、自分たちが平和への願いを込めて描いた作品を前に、被爆者に捧げる合唱を披露し平和宣言を行った。

 広島県を訪れた生徒は平和記念公園に足を運び、3学年全員で折った4千羽の折鶴を奉納。原爆ドームと広島平和記念資料館を見学した。その後、同館ホールで、被爆者の鳥越不二夫さんの平和講話に真剣に耳を傾けた。その重みのある言葉を胸にしまいながら、被爆ピアノの伴奏で「HEIWAの鐘」「ヒロシマのある国で」の2曲を合唱。曲の間に生徒代表の大西颯眞さん、金子ひかるさんが平和宣言を行った。

全員が携わる

 同校では広島県での修学旅行に向け、1学年時から平和に関する学習に力を入れてきた。総合的な学習の時間に「平和学習」を設けたほか、オバマ前大統領が広島を訪問した際のスピーチ記事を英語の教材にしたり、社会では広島の歴史を学ぶなど、教科を横断して取り組んできた。広島で披露するため、ピカソの『ゲルニカ』と同じ大きさのキャンバス(縦3・5m、横7・8m)に、子どもたちが平和の絵を描くアートプロジェクト「キッズゲルニカ」にも2年時から挑戦。生徒有志でプロジェクトチームを結成し、休み返上でアイデアを出し合って決めた絵に、学年全員が美術の時間を利用して筆を入れた。平和宣言の内容も各クラスで話し合い、出された意見をまとめた。

引き続き学びを

 今回、描かれた「キッズゲルニカ」は、10月に淵野辺公園で開かれる「さがみ風っ子展」に展示される予定となっている。また、鳥越さんが講和の中で語った「平和とはなにか、生きるとはなにか」をテーマに、3年全員が人権作文をまとめていくという。坂本清江総括教諭は「全員が携わり、平和について考えたことが重要。記憶に残る修学旅行として人生の宝になってくれれば」と話している。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

令和も大野で新成人祝う

令和も大野で新成人祝う 社会

13日「はたちのつどい」

1月9日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

「明暦の棟札」初披露

上鶴間本町長嶋神社

「明暦の棟札」初披露 文化

3が日限定で展示

1月1日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク