さがみはら南区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

青山学院大学 チーム全員で「完全優勝」へ 箱根駅伝で絆つなぐ

スポーツ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
原監督(前列左)とエントリーメンバーら=12月14日
原監督(前列左)とエントリーメンバーら=12月14日

 1月2日(土)・3日(日)に開催される「第97回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)」(関東学生陸上競技連盟主催)を前に、中央区淵野辺に位置する相模原キャンパスを練習拠点とする青山学院大学は、12月14日に同キャンパス内でオンラインでの壮行会と記者会見を行った。昨年覇者として掲げる目標は往路・復路ともに制する「完全優勝」。チーム一丸となり、強豪ひしめく大混戦の舞台で主役に躍り出る。

 壮行会で原晋監督は今大会を「大混戦になる」と予想。「簡単には勝てない情勢だが、1年間鍛え上げた学生たちを信じている」と話し、目標を「完全優勝」に定めた。

 昨年前半は新型コロナの影響を受け大会の中止が相次ぎ、陸上競技部として思うように活動できない日々を過ごした。継続的な練習を必要とする長距離走にあってコロナ禍では走ること自体はばかられ、選手の心理状態が不安定に陥る時期もあった。しかし原監督は「走ることは悪くない。チーム全員で戦おう」と鼓舞し続けてきた。

 その言葉に応えるように、壮行会では松葉慶太副主将や昨年優勝時のメンバーである岩見秀哉選手が「全員で切磋琢磨して頑張ってきた」「4年間で一番練習できた」と仕上がりの良さをアピールした。

 「コロナに負けるな大作戦」と銘打った昨年11月の全日本大学駅伝では4位と悔しい結果に終わるも、原監督は「箱根駅伝に向けて1年の仕組みづくりをしてきた。『青山メソッド』を前回より良いペースで消化している」と自信をみなぎらせる。昨年の優勝奪還の立役者であるエース・岸本大紀(ひろのり)選手の故障の影響は少なくないが、それをカバーする厚い布陣に期待が高まる。

 原監督は今年の箱根駅伝の作戦を「絆大作戦」と命名した。コロナ禍で希薄になりつつある「絆」。その思いを込めたフレッシュグリーンのたすきをつなぎ、「完全優勝」と連覇をかけ、栄光のゴールテープをめざす。大会は2日午前8時号砲。

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

飲食店応援に「メシチケ」

飲食店応援に「メシチケ」 経済

区独自 3月5日まで販売

2月25日号

大賞受賞店が決定

コロナに負けないお店大賞

大賞受賞店が決定 経済

投票数は4万件超え

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

特製マンホール蓋を設置

「はやぶさ2」関連事業

特製マンホール蓋を設置 社会

カプセル帰還成功を記念

2月11日号

野菜不足 スイーツで解決

野菜不足 スイーツで解決 教育

産官学連携でレシピコン

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク