さがみはら緑区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

サークル「わらべうたボランティア『つくしちゃん』」の代表を務める 大橋 千景さん 中央区淵野辺本町在住 61歳

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

わらべうたの魅力を伝承

 ○…「昔ながらの生活の知恵や季節の行事、伝統などが言い伝えられ、とても奥が深い」と魅力を紹介する「わらべうた」。お手玉やまりつき、鬼ごっこなど幼児を対象にしたものと、母親や赤ん坊に対し、遊びながらコミュニケーションのツールとして使うものがある。橋本図書館を拠点に活動する「わらべうた」の活動は、第1・3水曜の午前11時から0〜1歳児乳児の親子を対象に行う会が中心。毎回、10組以上の参加がある。「赤ちゃんやお母さんの楽しそうな姿を見るのが一番。毎回多くのお母さん方から、私たちも元気をもらっている」

 ○…2013年、橋本図書館のわらべうた講座の受講生18人が集まり結成した。サークルには設立当初から参加し、2年目から代表を務める。年々、会の活動も広がり、橋本図書館や橋本公民館の各種イベントや地域の保育園などにも出向いている。「参加したお母さんが、サークルの手伝いをしてくれるケースも多く、人と人との繋がりが、ここの特長」と目じりをさげる。

 ○…長年、市内保育園で保育士として勤務し、ここ数年は特別支援学級に通う小学生から高校生までが集まる「放課後等デイサービス」の支援員として働く。「相模原は子育てに関する環境も整備され、都会と田舎の良い部分が共存する子育てがしやすい街。特に人間が温かいのが好き」と話す。

 ○…「子育て広場」の代表など、市内で様々なボランティア活動に従事する。「最近は情報過多になりすぎ、お母さんが頭を悩ますケースが多い」と指摘。「ここには50代から70代までの子育ての先輩が大勢いる。直に話をすることで気持ちが楽になるので、悩みがあれば遊びにきて」と呼び掛けた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月29日号

木口 真治さん

神奈川県 県央地域県政総合センターの所長に就任した

木口 真治さん

相模原市出身 56歳

10月22日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月15日号

茅 明夫さん

先ごろ発足した「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」の発起人代表を務める

茅 明夫さん

中央区淵野辺在住 70歳

10月8日号

清水 謙二さん

設立30周年目に入った「相模原市ゴルフ協会」の会長を務める

清水 謙二さん

中央区上溝在住 79歳

10月1日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク