町田版 掲載号:2012年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

桜美林大学硬式野球部 2部リーグで全勝V 1部昇格は秋季に持ち越し

入れ替え戦2試合目に先発した大沼朝洋投手(=相模原球場・6月3日撮影)
入れ替え戦2試合目に先発した大沼朝洋投手(=相模原球場・6月3日撮影)

 4年前に準硬式野球から硬式野球に挑戦した桜美林大学硬式野球部(宮崎光次監督=人物風土記で紹介)が首都大学野球連盟春季2部リーグで全勝優勝した。わずか4年で2部リーグを制したのは快挙。しかし6月2日、3日に行われた1部入れ替え戦では日体大に敗れ、1部昇格は秋季リーグに持ち越しとなった。

 首都大学野球部連盟春季2部リーグはグループA・Bと2つに分かれ(各5チーム)、同大はBグループで1位となり、5月20日・21日にグループAの1位である足科工業大学と対戦。5対0、4対0といずれも完封勝利で2部リーグ優勝を果たし、入れ替え戦へ進出を決めた。

 ベストナインに上野和彦投手、川相拓也二塁手、石塚翔三塁手、山元卓遊撃手、寺田拓弥外野手が選ばれ、上野選手は優秀選手賞も受賞した。

 1部リーグ最下位だった日体大との入れ替え戦は、4―7、0―8で連敗し、1部昇格の目標は秋季リーグにお預けとなった。

 宮崎監督は試合後、選手たちに「まだまだ力が足りない。下を向いてもしょうがない。この負けを受け入れて、秋に昇格を決めよう。2部には二度と落ちない覚悟で」と語りかけた。タウンニュースの取材に「4年生に1部リーグの舞台で戦わせてあげたかった。しかし負けを受け入れ、秋季リーグで1部昇格を決め、後輩たちにバトンタッチしてくれれば」と語った。

 現在の4年生は硬式野球部1期生。首都大学リーグの1部でのプレーを目指して集まった仲間だ。

 同大野球部は1978年から29年間、準硬式として活動を続けてきた。2007年、第59回全日本大学準硬式野球選手権大会で日本一に輝いたことがきっかけで学内外から「硬式に挑戦して」と意見が多数出た。

 「練習量やモチベーションなどあらゆる面で厳しくなる。プライベートの時間も減るがやれるか」といった宮崎監督やコーチ陣の問いかけに対し当時の選手らは移行を賛同。2009年4月、全選手が硬式野球部に所属することとなった。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク