町田版 掲載号:2017年5月11日号 エリアトップへ

6月25日(日)、「THE BOXING SHOW」のメインイベントに出場する 井上 浩樹さん  25歳

掲載号:2017年5月11日号

  • LINE
  • hatena

スピード自慢のサウスポー

 ○…5月11日に誕生日を迎えたばかりの25歳。現役の世界チャンピオン井上尚弥、その弟で東洋王者の拓真のいとこにあたり、”井上家最終兵器”と呼ばれる。相模原青陵高校時代に高校3冠を達成。大学に進学してオリンピックを目指すが、いとこたちに刺激を受けてプロへ転向した。2015年12月のプロデビュー以来、8戦負けなしで現在は日本スーパーライト級8位。6月25日に町田で初めて開催されるプロボクシング大会でメーンイベントとして行う日本タイトル前哨戦を戦う。

 ○…178cmの長身に甘いマスク、長いリーチと自慢のスピードを生かしたボクサーファイタータイプのサウスポーだ。足を使って相手との距離を保つ天性の才能、左から繰り出すパンチ力には定評がある。「できるだけ相手には打たせず、自分のパンチを当てて勝つ」ことを戦う信条にする。

 ○…実は強さの裏に隠された意外な一面がある。アニメやゲームが好きで、自他ともに認める「オタクボクサー」。リングに向かう入場曲に好きなアニメソングを流すなど、別の意味でも会場を大いにわかせる。「練習は週6日。気持ちを強く持ち、100%集中してやっている」。試合を前に怖くないといったらうそになる。その怖さに打ち勝つためにも練習を大切にする。だからオフの時間はボクシングのことを考えず、趣味に没頭することで気持ちをうまく切り替えている。

 ○…座間市在住で町田は地元感覚。当日は知り合いも多く観戦にくるという。「町田で初めてのプロのボクシング大会。ボクシングというスポーツを生で見て、好きになってもらうきっかけにできたら」。小学3年から始めたボクシング。今も一緒に練習する井上兄弟がいなかったらこの世界には入っていなかった。今もその2人から大きな刺激を受け、目標は日本、そして東洋のタイトル。その先にはもちろん、世界のベルトも見据えている。
 

町田版の人物風土記最新6

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

久保 礼子さん

自然保全等の活動を行う野津田・雑木林の会代表を務める

久保 礼子さん

横浜市在住 69歳

11月5日号

山下 潤一さん

JA東京グループ主催の農業男子×総選挙にJA町田市代表で参加する

山下 潤一さん

つくし野在住 27歳

10月29日号

園田 恵一さん

自然教室を開く「まちだネイチャーゲームの会」の代表を務める

園田 恵一さん

小川在住 60歳 

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク