町田版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

町田駅一日駅長 相馬ゼルビア出発進行 21日・小田急マッチデーに向け

文化

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
ゼルビアカラーと同じ青いロマンスカー
ゼルビアカラーと同じ青いロマンスカー

 後半戦に向け好調を維持するFC町田ゼルビア。7月12日には相馬直樹監督が小田急線町田駅で人生初という一日駅長を務めた。21日(土)はホームスタジアムで「小田急マッチデー」。相馬ゼルビアは特急列車のような勢いで快進撃を続ける。

 前日に行われた天皇杯3回戦では鹿島アントラーズに敗れたものの、平日開催の試合で5千人以上の観客を集めた。12年ぶりに一新したという制服姿で会見場に現れた相馬監督は疲れた顔も見せず、気持ちは次のリーグ戦へと向かっていた。

 21日にホームで戦うツエーゲン金沢との試合は子どもたちにとって夏休み初日。トップパートナーである小田急グループとは「子どもたちに笑顔を届けよう!!1万人プロジェクト」として市内小学生無料招待をはじめ、さまざまな施策を進めている。当日の「小田急マッチデー」ではスタジアム場外のゼルビーランドに小田急ブースを設置。ちびっこ駅長なりきり撮影会、宿泊券や商品券が当たる抽選会などを実施する予定だ。試合はもちろん、家族そろって一日楽しめる内容で、2016年の開幕戦以来となる1万人以上の来場者を目指す。

 今春、複々線が完成した小田急グループでは沿線の人口減少に危惧を抱く。スポーツなどを通じて子どもたちに夢を与えるとともに、沿線エリアへの来訪者の増加と街のにぎわいを創出することは今後の大きな課題だ。

 21日の小田急マッチデーに向けて相馬監督は「1万人の観客の中で戦わせていただきたい。選手たちはそれに応えるプレーをすると約束します」と語気を強めた。

 午後6時キックオフ(4時開門)。ゼルビーランドは3時半にオープン。各種イベント、グルメ屋台も勢ぞろいする。問合せは【電話】042・735・6050FC町田ゼルビアクラブ事務局へ。

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook