町田版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

山崎団地 皆に喜ばれる「足」を 便利な周回バス実験

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
これから実験に臨む吉岡会長(右)と露木事務局長(左)
これから実験に臨む吉岡会長(右)と露木事務局長(左)

 山崎団地自治会は7月7日から13日までの間、高齢化が進む山崎団地内で、団地周回バスを運行させる実験を行った。買い物の行き帰りの人や足の弱った人、車を持たず移動が不便な人などが対象だ。

 実験は山崎団地「みんなの広場」を停留所とし、その前を通りがかった団地住民を対象に自宅号棟下まで送るというもの。団地周回バスは自治会の広報車を使用し、運転手は自治会員が担当した。

 同団地では以前敷地内にゴルフカートを走らせる試みも行ったが、一般道路での走行はナンバープレートや車検、実用面での問題にぶつかり立ち消えに。今回の実験では自治会の広報車を使用していることもあり、走行の基準は満たしている。

 実験中は、一日5〜10人ほどが乗車した。買い物帰りに利用したという女性は「荷物が重かったから助かった。とても快適です」と話した。

 同自治会の露木真琴事務局長は「団地活性化の必要性が叫ばれているが得策はない。団地で孤立する高齢者に何かあった時、すぐ助けを差し伸べられないという現状がある。これは団地がみんな抱えている問題だが、うちはいろいろなことにチャレンジしていく」と展望を述べる。

 今後の運用について吉岡栄一郎自治会長は「住民は好意的な反応が多い。想定外のことが起きないよう、じっくり実験を重ねたい。便数や発車時間、実施日をスーパーの特売日に合わせてみるなど本格稼働に向け、今は研究中」と語った。

 山崎団地は、最盛期には人口が1万人を超えていたが、現在は少子高齢化などの影響で6371人にまで減少している(町田市「住宅団地別世帯数・人口表」より7月1日時点)。

最初の乗客
最初の乗客

町田版のトップニュース最新6

「共生」テーマに全国繋ぎ

まちだDサミット

「共生」テーマに全国繋ぎ 社会

認知症とともに生きる

12月2日号

地場野菜、食べよう

町田市

地場野菜、食べよう 経済

購入・配送サービス「マチコロ」

12月2日号

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

相続&登記のことならお任せ

遺言、家族信託、成年後見制度、不動産売買、贈与、財産分与など「南町田唯一!」

https://www.sss-office.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook