町田版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

新体操クラブ町田RG 町田の“フェアリー”躍動 全国大会、団体で「銀」

スポーツ

「6人で一つのチーム」。銀メダルを掲げるメンバー
「6人で一つのチーム」。銀メダルを掲げるメンバー
 第36回全日本ジュニア新体操選手権大会が11月、群馬県高崎アリーナで行われ、東京都代表で出場した町田RGが女子・団体の部で銀メダルを獲得した。個人では、同チームの山田朱音さん(15)が総合3位の快挙。「まさに努力の結晶。素晴らしい演技だった」と関係者は喜びの声を上げている。

 町田RG(曽我部美佳代表)は市内各地で活動している新体操クラブ。同競技部はこれまでにも世界選手権などにも出場した代表選手らを輩出している強豪チームだ。

 レベルが高いと言われる関東大会で優勝し、日本一を目標に掲げて臨んだ今大会。団体の種目「クラブ」で17・550点を弾き出し、昨年に続いて2位となった。

 チームのリーダーを務めた山田朱音さんは「踊りきった時は優勝だと感じた」と振り返る。山田さんは昨年も出場メンバーに入り、「5位以内」を目標にして2位となった。今回は「優勝」を目指しての2位という結果に「悔しい気持ちもあるけど、悔いのない踊りができた」と感想を語った。

 曽我部代表は「一人ひとりの能力は決して高くないが、揃える練習は他のどのチームよりもやり込んだので、同時性が十分発揮できた。褒めてあげたい」と話し、「今年のチームは(補欠を含めた)6人でひとつ。誰が出ても同じ演技ができた。それだけに出場メンバー5人を選ぶのは苦渋の選択でした」と振り返る。団体種目を得意とする町田RG。「自分の事だけでなく、思いやりや人の気持ちがわかる子に育ってくれている。メンバーも種目も変わるが、次も頂点を目指したい」

個人総合3位

 山田さんは個人種目にも出場し、ボール1位、クラブ4位、フープ5位、リボン7位で54・900点、総合3位で銅メダルを獲得した。得意のボールでは笑顔に大人っぽさを入れるなど、表現力に磨きをかけた。「ノリの良い曲で踊りやすかった。手具操作を踊りでカバーできたと思う。次の大会には上の世代も出場する。より一層練習を頑張りたい」と目を輝かせて語った。

子どもたちを指導する曽我部美佳代表
子どもたちを指導する曽我部美佳代表

町田版のトップニュース最新6件

玉川が部門優勝

全日本チアダンス選手権大会

玉川が部門優勝

12月13日号

食べきって食品ロス削減

町田市

食べきって食品ロス削減

12月13日号

「違う重み感じる」

町田市在住伊賀健一さん

「違う重み感じる」

11月29日号

作品の色、さまざまに

鶴川ショートムービーコンテスト

作品の色、さまざまに

11月29日号

遠かった1点…

FC町田ゼルビア

遠かった1点…

11月22日号

AR技術活用の展示開催

小山中央小

AR技術活用の展示開催

11月22日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

素敵なXマスの贈り物

素敵なXマスの贈り物

山口友由実ピアノコンサート

12月23日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク